特集

工務店プロデュース、ワンランク上のシェアハウス『ラテール横浜』

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

小高い坂を登った先に見える、お庭付きの一戸建て。
数々の住まいを手がけた”お家作りのプロ”が、こだわりぬいて作ったシェアハウスです。

こちらのシェアハウスを手がけた鬼塚工務店さんは、横浜エリアで年間約120棟のお家作りに携わっている工務店。
訪れてすぐに感じ取れる、温かみあふれる内装に、住む人を想って作られた設備。
目には見えないけれど、ぎゅっと詰め込まれた工務店ならではこだわりの建築仕様。

派手な設備はなくとも、ゆっくりじっくり暮らしを楽しめる。
そんなシェアハウスをご紹介いたします。


工務店プロデュース、ワンランク上のシェアハウス『ラテール横浜』


東京湾に面した自然豊かな港町、横浜。
都心へのアクセスも良い且つ、のんびりと過ごせる住環境で人気のエリアです。
中華街や赤レンガ、みなとみらいと観光にも秀でた街。

最寄り駅の「三ツ沢下町駅」から歩いて7分ほど。こちらが今回ご紹介するシェアハウス『ラテール横浜』です。

『ラテール横浜』は全14室のシェアハウス。大きくもなく、小さくもなく、規模としては中型。
一軒家ならではの、ほっこりとくつろげる雰囲気が漂うシェアハウスです。ご覧の通りお庭もとっても広々。

「ラテール」とはラテン語で”大地の恵み”という意味だそう。
海や緑、自然が身近に溢れる横浜という街にぴったりのハウス名。
地球温暖化対策「省CO2運動(COOL CHOICE)」にも参加し、地球や地域への優しさも考慮されたシェアハウスです。

さっそく共有スペースからご紹介。

こちらが『ラテール横浜』のリビングです。木材のあたたかさが穏やかな雰囲気を醸し出す内装。
正面の大きな窓からはたくさんの日が差し込みます。

そして上部の小窓からはお部屋の奥にすっと抜けるあたたかな光。
廊下正面にも窓があり、隅々まで明るく心地よい空間が広がっています。

このシェアハウスがある環境によく似合う、植物と鳥の壁紙。
ラテール横浜がある横浜市は、海に面した緑も豊かな街。都心へ近い且つ、ゆったりとした暮らしをしたい人にもぴったりのエリアです。

丸テーブル、壁沿いのベンチ。
椅子を足せばシェアメイト全員がぴったり集まれるくらいの広さです。

共用のテレビももちろんあります。
オープンして1年ほどたった今、入居者さん同士このリビングで一緒にご飯を食べる場面も日常的だそう。

間接照明と時計は木目をセレクト。気取りすぎないあたたかなオシャレさが、心地よい空間を演出してくれます。
そして個人的にイチオシなのが、斜めの天井。開放的に感じさせてくれるのはもちろんですが、シンプルに可愛い……。

ところどころにグリーンが置かれています。ハウス周辺にも緑がたくさんあり、自然の彩りを楽しめる環境です。
正面の窓を開けると、テーブルセットの置かれたバルコニー。

お天気の良い日は、外でランチやティータイムなんていいなぁって想像がどんどん膨らみます。
一口にランチやティータイムと言っても、きっとそのシーンは様々で、一緒に暮らす人がいればそれは尚更。

そして下を見下ろすと、先ほどもちらっとご紹介した広々としたお庭が。

植えたての若木の成長も楽しみです。

もちろん、生活の機能面をこれでもかという位考慮されていますのでご安心くださいね。


暮らしやすさを追求した共用設備


まずは、キッチンからご紹介。

リビング奥に顔を覗かせるキッチン。キッチンに誰かいる様子をリビングから伺うことができます。
日常的に誰かと一緒に過ごす安心感があるのも、シェアハウスならでは。
そして、日常設備にそんな導線をさらっと取り込んでいるのが『ラテール横浜』です。

奥へ進むと……

キッチンスペースはこんなかたち。通常の一軒家でイメージするキッチンスペースの2倍ほどでしょうか。
3口ガスコンロ、ゆったりとした作業台にシンク。背中合わせの2つのカウンターの間には調理家電が並んでいます。

カウンターが真ん中にあるから、複数人でも利用しやすいキッチンです。

別々に料理をしつつ仕事の話をしたり、時には一緒に料理を作ったり。
作った料理をリビングで一緒に囲みながら、他愛もない会話を楽しんだり。

置かれてる調理家電は最新のものがズラリ。
何かと話題にあがるBALMUDAのトースターもあります。
横浜エリアは有名な美味しいパン屋さんも多いので、是非お楽しみいただきたいポイントの一つです。

キッチンに続いて、水回りの設備が気になるという方も多いのではないでしょうか。
『ラテール横浜』なら大丈夫、きっとすんなりご納得いただける設備仕様です。

浴槽付きのバスルームとシャワールームの両方をご用意。
湯船でゆっくりしたい日、ちゃちゃっとシャワーで済ませたい日。どちらも使い分け可能です。

こちらはランドリースペース。
共用の洗濯機が3台用意されていて、自由にご利用いただけます。

ランドリースペースには個々の収納ボックスが用意されています。
洗濯洗剤等の日用品を保管でき、お部屋に持ち帰る必要なしです。
お部屋番号がラベリングされているので、共用スペースが散らかる心配もなく、シェアハウスにおいての暮らしやすさの工夫がしっかりされています。


プライベートも大切にできる、安心の個室設備


こちらが個室の様子。

今回お邪魔したのは、窓が2面付いたお部屋。広さも十分です。
シェアハウス用に建てられた新築物件なので、綺麗さも申し分なし。アクセントクロスがお部屋に彩を添えてくれます。

基本的な家具は備え付けです。シンプルな色味なので、好みの小物やインテリアの追加も馴染みやすい。

『ラテール横浜』の個室で注目すべきポイントは、各お部屋に洗面台付きという点。
気兼ねなく、自分専用の水回りがあるのは嬉しすぎるポイントです。
朝の準備も、焦らず自分のペースで。

お部屋ごとにナンバーキー付きでセキュリティ面も安心です。
共用スペースも個室も、『ラテール横浜』の暮らしやすさへのこだわりが随所随所に見受けられます。


お家のプロが作った、こだわりのシェアハウス


『ラテール横浜』をプロデュースする鬼塚工務店の社長さんは、元は現場の大工さん。数々の現場に携わった、お家のプロです。

お家のプロが作った、こだわりのシェアハウス。
ここで暮らす人への思いやりがつまった充実の設備をご紹介させていただきましたが、目に見えないこんなこだわりも。

こちらは壁材・床材のサンプル。
「防音性やプライベートが保てるシェアハウス生活に」という想いから、壁・天井には断熱材を二重に使用。

床は”防音シート6ミリ+9.5ミリ、石膏ボード+12ミリ合板”を使用とのこと。言葉だけ聞くと「?」が並んでしまいますね……。
簡単に言うと、防音シート+下地+フローリングの構造になっているとのこと。2階の音が下の階に響かないようにする為の施工です。
シェアハウスでここまでの仕様はなかなかありません。

“お家作りのプロ”は、技術や知識はもちろんのこと、”住む人のことを考えた時間”がきっと桁違い。
「どんな設備があったら心地よく暮らせるだろう?」
「こんなシェアハウスだったら、快適に楽しく暮らせるかな」
そういった想いを丁寧に反映したシェアハウスが、『ラテール横浜』です。

ただおしゃれなだけじゃない、ただ新しいだけじゃない。
暮らしやすさへのこだわりをもって作られた、あたたかな住まい。

きっとここでの暮らしを気に入っていただける。自信をもっておすすめできるシェアハウスです。

……ちょっと余談ですが、『ラテール横浜』のすぐ近くにはおしゃれなツリーハウスのカフェ「なんじゃもんじゃカフェ」があります。
街を高台から見渡せ、この街の良さを味わえるおすすめスポットです。ご内覧時には是非立ち寄ってみてくださいね。

物件名ラテール横浜
住所神奈川県 横浜市 神奈川区 三ツ沢東町5
最寄駅横浜市ブルーライン 三ツ沢下町駅
物件タイプ個室/全14室
入居条件男女共用/外国人入居可

フリーのライター/編集者・ボイストレーナー。トロントのシェアハウスに住んでました。地元の横須賀とコーヒーが大好き。大抵どこかしらのカフェにいます。

Comments are closed.