シェアハウスは節約になる?賃料だけじゃない、シェアハウス生活のお金の話

「シェアハウスは節約になる?賃料だけじゃない、シェアハウス生活のお金の話」のアイキャッチ画像






「シェアハウスで生活すると節約になる?」
ネットで検索していると賃料相場が安いことはよく見かけますよね。しかし賃料だけなら、一般賃貸に住んでもそう変わらないところも多くあるでしょう。総合的にみて、シェアハウス生活は節約になるのか?という疑問が浮かぶ人も多いはず。

というわけで今回は、シェアハウスと一般賃貸を比較して、シェアハウス生活の節約につながる部分を紹介していきたいと思います。新生活を始めるなら出て行くお金は少ない方が良いですもんね。自身の生活と照らし合わせ、お部屋探しの参考にしていただければ幸いです!

シェアハウスと一般賃貸の賃料

シェアハウスの賃料は一般賃貸に比べれば安い、もしくは同等の賃料で立地や設備が良いことがほとんどです。中にはデザイナーズシェアハウスやコンセプトシェアハウスのように、賃料が高めに設定されている物件もありますが、それはその分生活への付加価値が乗っているケースが多いです。

上記の様な特別な設備やコンセプトのあるシェアハウスに住むことを希望しなければ、月々の賃料支払いは低めに抑えることが可能です。また、敷金や礼金などが不要なシェアハウスが多いため、初期費用が抑えられる点も節約につながるといえます。

さらにシェアハウスのお部屋タイプには「個室」と「ドミトリー」があり、ドミトリーは一つの部屋を複数人で共有するため割安なのが一般的です。「ドミトリー=相部屋」と聞くとマイナスなイメージがもたれがちですが、人とのふれあいや気配を感じたいという方にとっては、費用を抑えた上で望んだメリットが存在するためまさに万々歳。

シェアハウスと一般賃貸の水道光熱費

シェアハウス生活の水道光熱費に関してですが、こちらは一般賃貸より必ずしもお得とは言い切れません。というのも、シェアハウスの水道光熱費は「共益費」に含められることが多く、複数人で住んでいるため水道光熱費の一人当たりの金額を算出することは厳密にはできません。

毎月掛かった費用を住んでいる人数で均等に割って実費徴収するシェアハウスもあります。この点に関しては、各々のシェアハウスに確認が必要となります。実費を均等に割る場合でも、自分一人で賃貸物件に住んでいる場合は「こまめに電気を消す」、「お風呂はシャワーだけで済ませる」といった節約を行なうことができますが、シェアハウスで他の入居者に同様のことを求めるのは難しいです。これは一人ではどうにもできない部分ですので、水道光熱費の総額が大きくなってしまうこともあり得るのです。

自分がどのくらいの水光熱費を一人暮らしの際に月々使用するかの目安と、それぞれのシェアハウスの共益費を入居前に比較してみることをおすすめします。

シェアハウスの共同備品・家具家電

備え付けの共用備品は、シェアハウス生活でとてもありがたいモノの一つです。
例えばゴミ袋。ゴミは生活している人みんなが出すものなので、誰かがゴミ袋代を毎回負担していては不公平になってしまいます。そのため、シェアハウスの管理側が共用部で使用する分は用意してくれることが多いのです。

他にもトイレットペーパーや共用キッチンの洗剤などが例にあげられます。一般賃貸に1人で住む場合はこれらを自分で負担しなければなりません。しかも生活に欠かすことができない消耗品ばかりなので、必ずと言っていいほど必要になる出費でしょう。シェアハウスで共同備品がある場合、その部分で節約につながるといえそうです。

他にも家具や家電製品等も共同で使用できます。シェアハウスによって異なりますが、冷蔵庫・洗濯機・キッチン用品・ドライヤー・掃除機、などなど。新生活を始めるにあたって、これらを買いそろえる手間や費用を抑えることがシェアハウスでは可能です。

シェアハウスならではの付加価値

直接的な節約にはなりませんが、シェアハウス生活では一般賃貸と同等の賃料で得られるものがたくさんあります。

まず一つに、設備が豪華なことです。
例えばキッチンコンロの数は通常の賃貸であれば一口、多くても二口ほどでしょう。ですが、シェアハウスであれば三口あることも珍しくありません。広々としたキッチンで料理を行なえると生活の充実度も増しますよね。

また、一人暮らしだと大変な掃除も、シェアハウスには清掃業者が入ることがあります。当番制で掃除するシェアハウスも中にはありますが、共用スペースを業者さんが掃除してくれればとてもラクチンで、いつでも快適な生活を送ることができます。

ほかにも一般賃貸は駅近だと賃料が高騰しがちですが、シェアハウスであれば郊外と同等の金額で居を構えることが可能なケースも。学校やバイト先までの交通費を抑えることにもつながるかもしれません。

最後に、これはシェアハウスによって差があるのですが、仲の良いシェアメイトと大皿料理や鍋をみんなで食べることも可能です。ワイワイとした時間を過ごしながら実は節約につながっている、なんて一人暮らしではなかなか叶えられないことですよね。

総合的にみてシェアハウス生活は、一般賃貸に比べると節約になることが多いといえるでしょう。
一人暮らしを始めると出費は思ったよりもかさんでしまうもの。
節約したい、貯金したい、と思った時にはシェアハウス生活を検討してみるのがおすすめです!