スマートに海外送金!!今話題のトランスファーワイズとは?

「スマートに海外送金!!今話題のトランスファーワイズとは?」のアイキャッチ画像



皆さんはトランスファーワイズというサービスをご存じでしょうか。
海外に行くとき、日本からどのようにお金を持ち込みますか?

 

長期間の出張、留学であれば家族などに頼んで送金してもらうのが一般的でしょう。日本から海外の口座に送金する場合、通常は高額の送金、受け取り手数料が発生します。

 

トランスファーワイズならこれが超低額で済みます。
また、その他にもメリットはたくさん。本記事ではトランスファーワイズの魅力に迫ります。

海外送金が簡単にできるトランスファーワイズって何?

トランスファーワイズは自身のページで書かれている言葉を引用すれば「実際の為替レートで安く、速く、簡単に送金できるオンライン海外送金サービス」です。海外送金をする際、銀行の手数料は非常に高額です。

 

留学、長期の出張をしたことがある方は可能な限り安い送金手段を探すために苦労された経験されたことがあるかもしれません。
また、手続きにも普段は使わないSWIFTコードを用意したりと非常に手間が伴います。

 

こうした部分を非常に簡単にしてくれるのがトランスファーワイズです。

トランスファーワイズのここが魅力!

トランスファーワイズには魅力的な特徴がいくつもあります。まずはやはり、送金手数料が圧倒的に安いことでしょう。

 

トランスファーワイズはここで爆発的な人気を得てきました。海外送金を行ったことがある方ならお分かりだと思いますが、銀行の送金手数料は非常に高額です。これが安くなるというのは破壊的イノベーションと言えるでしょう。

 

また、送金スピードが速いこと、手続きが全てオンラインで完結するという点も見逃せません。

手数料が他に比べて安い

トランスファーワイズの最大の魅力の一つは手数料が他の金融機関に比べて圧倒的に安いということです。海外への、そして海外からの送金というのは得てして高額なもの。メガバンクの送金手数料は特に高額な傾向にあります。

 

トランスファーワイズならほとんどの金融機関の3分の1から10分の1以下という超少額の手数料で送金をすることができます。しかもほとんどの金融機関では手数料の内訳として、送金手数料のほかに為替手数料という独自の手数料を課しています。

 

この金額は公開されないため、実際にかかる正確な金額は予測することができません。手数料に不透明な部分があることは悪いとまでは言えないですが、ちょっと嫌だなと思う方も多いのではないでしょうか。

 

トランスファーワイズならばこの部分の不透明な手数料から解放されることができます。

送金スピードが早い

トランスファーワイズの特徴として、送金手数料が安いという以外に送金スピードが非常に速いということが挙げられます。普通、銀行を介した海外送金というのはSWIFTという仕組みを利用しています。

 

SWIFTでは送金銀行、中継銀行、受け取り銀行の順に複数銀行を介して送金が行われます。そのために着金までにかなり時間がかかってしまうことがよく知られています。トランスファーワイズでは全く違った送金プロセスであるため送金手数料は非常に低額です。

 

トランスファーワイズでは「送金人が自国にあるTransferWiseの口座にお金を振り込み、その金額をTransferWiseが受取人の国の口座へと振り込む」という仕組みをとっています。そのため、送金から着金までが非常に早く、1営業日中、早ければ数分で完了します。

全てオンラインで完結

トランスファーワイズの送金作業は全てオンラインで済ませることができます。
通常、銀行での海外送金というのは窓口に直接出向いて書類を不備なく埋めるという時間と手間がかかるプロセスが発生します。

 

これは本当に大変なのでうんざりしている方も多いでしょう。特に海外からの送金の場合、国によっては銀行サービスが不安定で送金完了までに数日では済まなかったり、日本に直接送金することができる銀行がない場合もあります。

 

トランスファーワイズならそうした心配はありません。オンライン完結の新たな本人確認(e-KYC)を採用しているので本人確認ですら事務所に出向く必要がないのです。つまり、「海外に出てきてしまってから手続きをしていなかったことを思い出した」、「送金を手伝ってくれる家族がいない」という場合でも安心なのです。

本当に簡単?トランスファーワイズで海外送金が完了する流れ

トランスファーワイズは通常の海外送金プロセスとは異なった形をとりますが、利用する際は非常に簡単です。まずはアカウント登録。

 

オンラインで全て完結することができます。銀行や事務所に出向く必要はありません。そして送金額の入力。口座情報の入力をし、本人確認。これで後は口座に入金されるのを待つだけです。

アカウント登録

トランスファーワイズを使った海外送金を実施するためのファーストステップはアカウント登録です。

 

今回は法人、個人事業主での登録は省略し、個人の場合のみの紹介とさせて頂きます。トランスファーワイズのトップページ(https://transferwise.com/jp)を開き、画面右上にある「会員情報」をクリック。

 

「個人」を選び、あとはメールアドレス、パスワード、居住地の国(日本に住んでいれば日本を)を選ぶだけです。これでアカウント登録は終わりです。

 

銀行口座を開設する手間を考えると驚きのシンプルさなのではないでしょうか。これでひとまずの準備が整ったことになります。

送金額入力

次に、送金額の入力です。
ここではまず、どこの国の通貨からどこの国の通貨として送るかを選びます。

 

また、それができたら次に送金額の決定をします。ここは間違えないよう、慎重に作業をするようにしてください。トランスファーワイズでは多くの銀行が用意している為替手数料を設定していないため、ある意味明朗会計です。

 

サイト上で受取額や手数料、着金予定日なども確認することができます。また、このタイミングで個人情報の登録を済ませましょう。氏名、生年月日、電話番号、住所、主な職業を入力していきます。これで次のステップに進めます。

口座情報の入力

口座情報の入力のステップではまず、誰宛てに送金をするか、「自分宛」、「自分以外の個人宛」、「法人・団体宛」から選ぶことになります。「自分宛」というのは国内の自分の口座から海外の自分の口座、もしくはその逆という意味です。

 

これを利用することで海外にいながらその国の自分の口座に日本の自分の口座からの送金をすることができるのです。そしてこの後、ポップアップで出てくる口座名義と口座番号を入力することで口座情報の入力は完了です。

 

気を付けて入力するよう心がけましょう。口座情報の入力が終われば次は本人確認です。

本人確認

本人確認は複数の選択肢の中からどの書類を本人確認書類として使用するか選ぶことができます。
使用することができるのは日本の運転免許証、日本国発行のパスポート、在留カード、住民基本台帳カード、個人番号カード(マイナンバーカード)の5種類です。

 

また、注意してほしいことがあります。「登録内容と住所、氏名、生年月日が一致していること」、「カバーやケースが取り外されていること」、「日本国内で発行された書類であること」、「一部の情報が欠けていたり写真がぼやけていないこと」、「口座開設時点で有効期限内であること」です。

口座へ入金

本人確認を終えた後、実際に送金をしようとするとまずは送金の目的を確認されます。ドロップダウンから自身の目的に合った送金目的を選択しましょう。

 

「次へ」を選択すると送金内容の確認が表示されます。送金内容に間違いがないかよく確認しましょう。次に利用規約の確認が表示されます。同意をするチェックボックスにチェックを入れ、「確認」ボタンを押します。

 

次の入金方法の選択では「銀行振込」または「デビットカード」から入金方法を選択することができます。
最後にその国のトランスファーワイズの口座に振り込むことに同意をします。

トランスファーワイズでスマートに海外送金

トランスファーワイズを使えば通常の海外送金に比べてとにかく手数料が断然安く、そして圧倒的に素早く着金が実現でき、利用開始から送金まですべてのプロセスがオンラインで完結できます。

 

また、アカウント作成から送金の完了までは銀行窓口でのやり取りに比べて圧倒的に簡単です。すべてが完了するまで30分以内で終わるでしょう。長期の出張や留学など、現地に銀行口座を作る場合には是非とも利用するべきでしょう。

 

銀行振込を利用したいというという方でも日本と行き先の国で銀行同士での直接の送金ができないケースは考えられます。こうした場合のセーフティネットとしてもよいでしょう。トランスファーワイズでスマートに海外送金をしましょう。