コラム

「そもそもシェアハウスって何?」シェアハウスの基本を知って、不安を解消!

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

新しい暮らしの選択肢として、注目度がどんどん増しているシェアハウス。とはいえ、実際に目にする機会や情報が少なく、シェアハウスに対して不安を抱えている方もまだまだ多くいるのが実情です。
そこで今回は、

「シェアハウスってそもそもどんなもの?」
「他人と暮らして危なくないの?」

そんな不安を少しでも解消できるよう、シェアハウスの基本をご紹介します!


そもそも「シェアハウス」とは?


共用スペースを備えた賃貸住宅

基本的なシェアハウスは、個室+入居者全員が利用できる共用スペースを備えた賃貸住宅のことです。「共用スペース」はキッチンやリビング、シャワーやトイレといった水周りが定番となっています。

引用:https://share-share.jp/house/detail/2001/

最近ではそれに加え、一人暮らしでは実現しないような豪華な設備(シアタールーム、ワーキングルーム、リラックスルーム、など)を用意したシェアハウスも増えてきました。

家具家電も共用使用がスタンダード

シェアハウスの場合、共用部の家電(共用キッチンに備え付けの電子レンジや冷蔵庫、リビングのエアコン、など)が使用できる上に、個室にも家具があらかじめ用意されていることがほとんどです。
初めての一人暮らしやセカンドハウスの利用としても、初期の購入物が少なく済むというメリットがあります。

多様な出会いや交流がある

引用:https://share-share.jp/house/detail/255/

先に上げた設備面や費用面のメリットだけでなく、様々な国籍・年代・職業の人との幅広い交流ができるのがシェアハウスの良いところ。シェアハウスは、普段関わることのできない様々な人との出会いが楽しめる居住形態です。
人によりシェアハウスを選択する理由はそれぞれですが、シェアハウスには一般の賃貸住宅では手にできない、シェアハウス特有のメリットがあると言えます。


ルームシェア、ゲストハウスとの違いは?


シェアハウスとよく混同されがちな、ルームシェアとゲストハウス。”他者と共同生活を送る”という点は共通していますが、それぞれ別物の居住形態です。各々の特徴を簡単にご説明いたします。

シェアハウス

入居者はシェアハウスを運営するオーナーもしくは事業者(以下、運営側)と個別に契約をします。
共同生活を送る上でのルールは運営側より事前に提示されることが多く、入居者同士のトラブルなども運営側で対応してくれます。
共用部の設備に故障が発生した場合にも、運営側で対応するために入居者の負担は少ないのがスタンダードです。

ルームシェア

ルームシェアは、友人・知人同士で共同して一つの建物や部屋を契約することを言います。
賃料は折半となり一人が退室すると、その他の人の負担が増えることになります。
生活のルールはルームメイト同士で定める場合もあれば、特に定めずラフに暮らす場合と多種多様。
契約上の運営者がいない為、ルームメイト同士で話し合って決める必要があり、ある程度の手間や負担がかかります。

ゲストハウス

ゲストハウスは長期滞在向けの賃貸物件と違い、一泊もしくは一週間単位の短期の宿泊施設のことを言います。
家具家電が備え付けられていることも多いですが、長期滞在となると割高になってしまうデメリットも。
シェアハウスやルームシェアと比べ、短期向けの居住形態です。


「シェアハウス」はこんな人におすすめ!


初期費用を抑えたい方

シェアハウス最大のメリットは、なんといってもその初期費用の安さ。家具・家電の購入費用はもちろん、一般賃貸のような礼金敷金がかからない物件がほとんどです。
また、物件によっては連帯保証人や保証料が不要なシェアハウスもありますので、より手軽に入居が可能です。

同じくらいの賃料の一般賃貸に比べて、初期費用を1/3〜1/2ほどに抑えられるシェアハウスが多数。
キャンペーンを行っているシェアハウスも少なくなく、キャンペーンを利用すればさらにぐっと初期費用を抑えることができます。

広い共用スペースを使いたい方

引用:https://share-share.jp/house/detail/1084/

一人暮らしの賃貸物件の場合、どうしても狭いキッチンやリビングになってしまいます。
その点、シェアハウスは共用スペースに広いキッチンやリビング、ラウンジなどがあり、広くて豪華な共用設備を毎日使うことができます。
この点を費用面以上に、シェアハウスのメリットと感じる人もきっと多いはずです。
また、音楽好きの人はスタジオ付きシェアハウス、映画好きの方はシアタールーム付きシェアハウス……と、設備に合わせてシェアハウスを探す人も少なくありません。

たくさんの人と交流がしたい方

引用:https://share-share.jp/house/detail/435/

シェアハウスならではのメリットといえば、やはりシェアメイトとの交流にあると言えるでしょう。
学生、留学生、社会人……年齢も国籍も違う人たちとの出会いは、何事にも変えがたいメリットです。
もちろん気を使う面も多々ありますが、一緒に生活を送ることで築けるシェアハウスならではの関係値。
「出会いがない」がお悩みの方、シェアハウスで暮らすという選択肢はいかがでしょうか。


シェアハウスにはシェアハウスにしかない良さがたくさんあります。
基本的にはどのシェアハウスにも管理会社・管理人さんがいるので、安心して暮らすことができます。
ただ、物件ごとに設備や雰囲気が異なりますので、内覧に足を運びご自身の目でじっくり見てみてくださいね。
是非住まいの選択肢としてシェアハウスをお考えいただければ幸いです!

シェアハウスが好きすぎて シェアハウスのお仕事はじめた人。

Comments are closed.