あなたの「テレワークで集中できない」を解決!原因と解決策をご紹介

「あなたの「テレワークで集中できない」を解決!原因と解決策をご紹介」のアイキャッチ画像



昨今テレワークが推進されるようになってから働き方が変わってきた人も多いのではないでしょうか。テレワークでは自宅が職場となるため通勤時間もなくなり、無駄なミーティングで時間をロスすることも減ってきました。

 

その一方で、在宅での作業はどうしても集中ができない、集中力が切れてしまうという方も一定数いるようです。そこで今回は在宅テレワークで集中力が切れてしまう原因とその対策法、グッズなどをご紹介したいと思います。

テレワークは集中できないって本当?

コロナウイルスのパンデミックによりテレワークをしている会社員が増えている中で、オフィスで働いているよりも集中できなくなっている人が増えています。家はゆっくりする場所と考えている人にとっては家が職場になってしまうと困惑してしまうでしょう。

 

また、スーツを着て会社に行くことで働くスイッチが入るという方もいるかもしれません。そのような方は一見テレワークが合っていないと思うかもしれませんが、大事なのは環境です。身の回りの空間や習慣さえ整えれば誰でもテレワークに集中できるようになります。まずは在宅ワークに集中できない理由から見ていきましょう。

在宅ワークで集中できない3つの理由

在宅ワークでの環境の違いとは何でしょう。それは仕事に適した空間かどうかです。在宅での作業に集中できない空間となってしまうのにはそれなりの理由があります。今回は三つ理由を挙げてみました。

緊張感がない

在宅ワークに集中できない理由の一つ目は緊張感がないということです。緊張感とは仕事モードのスイッチとも言い換えられます。

 

普段はスーツを着て電車に揺られることで仕事モードに入るという人もいると思います。在宅ワークではそのようなプロセスがありませんので、起きてすぐ職場にいることになってしまいます。この切り替えがないと緊張感が生まれません。

 

また周囲に同僚や上司がいないことも緊張感のなさの一因となります。人に見られることによって怠惰な仕事ができなくなるという人も多いようです。在宅ではこのような空間は作れませんので集中力が切れてしまうのです。

誘惑が多い

職場になくて家にあるもの。それは誘惑です。人によって様々誘惑はあるでしょうが、例えばテレビ・インターネットであったり家電が代表的な例です。仕事に行き詰ると無意識のうちにテレビをつけてしまう、Youtubeの続きが見たくて仕方なくなってしまう、忙しい時ほど掃除がしたくなってしまうなど様々です。

 

職場ではこのような誘惑は限定されていますので、問題とはなりませんでしたが、在宅ワークでは自由であるからこそ身の回りの全てが誘惑と化してしまうのです。

家のことが気になってしまう

ある種職場とは家庭とは切り離されている空間です。職場にいることによって些細な家庭のことは気にしなくてよいことになります。しかし、在宅ワークでは家庭の中で仕事をすることになりますので、家庭の事情も仕事に影響をします。

 

特に結婚している方は家事のこと、子供がいる方は育児のことを気にしなければなりません。いくらテレワークと言えど家族と同じ空間にいる以上、これらのことを無視することはできません。家のことが気になってしまうことが集中できない一つの理由となっています。

テレワーク集中できない。を解決!!

テレワークに集中できない理由が分かったところで、次にその解決策をご提案したいと思います。様々な解決策がありますが、今回私は以下の3つの方法をオススメします。それでは見ていきましょう。

デスク環境を整える

テレワークで多くの時間を過ごすところはどこでしょうか。それはデスクです。デスク周辺の環境が整っていなければテレワークに集中することができませんし、周辺の誘惑につい目が行ってしまいます。ずは仕事に没入できるほどのデスク周りを整え、職場と近い環境を作ってみましょう。今回は以下の3点をオススメします。

 

まずはシンプルなデスクです。以下のデスクをオススメします。

 

PCや書類を広げることを考えると、少なくとも120cmほど幅と60cmほどの奥行きがあるデスクが必要です。デスクは大きいに越したことはありませんので、思い切って大き目のデスクを買いましょう。

 

次にオススメするのは昇降式のデスクです。


テレワークが広まる少し前から立ちながら作業をすることは注目されていましたが、テレワーク以降さらに人気を博してきました。「立ちながら仕事なんて」と思われる方もいらっしゃると思いますが

、立ちながら作業したほうが作業効率がUPするという声が多く聞こえます。眠くならないですし、立つことに神経を使う分周辺の誘惑に負けることが少なくなるようです。

 

「デスクのサイズが合わない」という方には以下のテーブル脚をオススメします。

天板はホームセンターで安く買うことができますし、部屋によって形や大きさを変えることができます。普通では売っていない大きなデスクを作ることも可能ですし、部屋の角にぴったり合ったデスクを作ることも可能です。自分のオリジナルの空間を作ることで作業が楽しくなります。

 

created by Rinker
AIS (エイ・アイ・エス)
¥7,081 (2020/12/01 06:38:10時点 Amazon調べ-詳細)

集中力が高まる音楽を聞く

テレワークのデメリットで緊張感のなさを指摘しましたが、実際のところその緊張感をテレワークで再現する必要はありません。ストレスになりますし、そもそも必ずしも合理的とは限りません。

 

テレワークにはテレワークにしかできないことを考えてみます。自宅という場をむしろ活かして「心地の良い仕事場」を作ってみることができます。例えば音楽を流して作業に集中することです。一般的な職場では絶対できないですので、試してみることをオススメします。

以下の音楽はいかがでしょうか。

実際に前頭葉が活性化されるかどうかはデータがないので分かりませんが、この心地よい音楽がある種の没入感を生んでくれることは確かです。何かに集中したいときにオススメできるBGMです。

自然の音が大好きという人にはオススメのBGM。心が洗われるような感覚で作業ができますので、冷静になって仕事ができます。一方で、この音楽で眠くなってしまう人もいますので、そういった方は注意が必要です。

最後にジブリです。誰もが好きなジブリ音楽をピアノバージョンで弾いています。好きな音楽を聴きながら作業するにはもってこいです。この記事を書いているまさにこの瞬間私はこの音楽を聴いています。ただし、知っている曲が多く、曲の方に神経が行ってしまうと元も子もないですので、音量は少し控えめが良いでしょう

気分転換は2時間に1回

最後のオススメするのは2時間に1回気分転換をすることです。「2時間に1回なんて頻繁過ぎない?」と思われる方もいるでしょう。しかし、人間の集中力はそこまで長く持ちません。そして職場で数時間連続で働くこと自体生産性が悪いことなのかもしれません。

 

テレワークでは休憩時間も自由です。自身が作業に集中できる状態を保つためにも頻繁に休憩を取りましょう。休憩の方法は様々です。家族との時間を増やすことや家事をすることでデメリットをメリットにすることができますし、シンプルにストレッチや散歩に行くのもいいでしょう。とにかく仕事のことを頭の中から切り離す時間が大事なのです。

 

もちろん、集中できているときにあえて休憩を取る必要はありませんし、どうしても集中できないときに無理に働く必要はありません。休憩は悪いことではありません。是非必要なときに、こまめに休憩を取りましょう。

集中できないなんてもう言わない!

いかがだったでしょうか。今回はテレワークで集中できない原因と対策法をご紹介しました。

 

身の回りの環境と自身の仕事に対する考え方を少し変えることで劇的に集中することができるようになります。繰り返すように、従来のオフィスでの働き方がすべて正しいというわけではありません。変えられるべきところは積極的に変えていきましょう。

 

レワークにしかできないことを最大限生かし、心地よい仕事場に生まれ変わらせればきっと集中できる環境を作ることができます。