フルハウスで英語学習。フルハウスのココが面白い!を紹介します。

「フルハウスで英語学習。フルハウスのココが面白い!を紹介します。」のアイキャッチ画像






アメリカの大人気ドラマ「フルハウス」は英語学習に向いているのか?答えはYESです。
世界広しといえど、これほどまでに英語学習に適したドラマはめったにありません。

 

また英語だけでなく、アメリカの文化や社会問題についても学ぶことができます。
この記事では、フルハウスが英語学習におすすめな理由について解説しています。

フルハウスで英語学習は可能?


アメリカのシットコム「フルハウス(Full House)」は87年に放送を開始して以来、コメディーファンで知らぬものはいない、超人気コメディドラマです。コメディとして面白いのはもちろん、英語学習の教材としても注目されています。

 

また英語だけでなく、世界を取り巻く社会問題やアメリカの文化を同時に学ぶことができるため、アメリカという国を多角的に知ることができます。この記事では主にフルハウスを英語学習におすすめするポイントを紹介していきます。

 

記事の後半では、ドラマとしての面白さや、近年放送され話題になったスピンオフ作品「フラーハウス」についても紹介しています。

英語学習にフルハウスをおすすめする理由

たくさんあるドラマの中でなぜフルハウスが英語学習におすすめなのか、その理由を解説していきます。

 

まず、英語学習に使える作品の条件として以下の点が挙げられます。

 

・継続することが容易

・内容が難しすぎない、日常をテーマにしている。

・文化も学ぶことができる。

 

フルハウスはこの条件を全て満たしている、パーフェクトな教材なんです!一つずつ解説していきます。

1話完結型で短いので続けやすい

まず一つ目に挙げたのは、継続することの重要さです。英語を学習する上で最も大事なことですよね!

 

例えば、2時間一気に勉強するよりも、1日20分でも良いので毎日コツコツ続けることの方が、英語学習には重要です。フルハウスは一つのエピソードが20分程度です。通勤通学途中や家事の合間などちょっとしたスキマ時間などにも視聴することができます。

 

また一話完結型となっており、毎回新鮮な気持ちで見ることができます。1日1話コメディードラマを観るだけで簡単に英語学習が可能です。また内容もとにかく面白いので、飽きずに見続けられます。

子供が主役なので難しすぎない

メインキャラクターのD.J.、ステファニー、ミシェルの3人の子供たちを中心に物語が展開していきます。

 

・D.J.

タナー家の長女で、初登場時10歳。勉強もスポーツもこなす、妹思いのしっかり者。多くのボーイフレンドと付き合ったり別れたりを繰り返し、ちょっとおませな一面も。

 

・ステファニー

タナー家の次女で、初登場時5歳。お喋りが好きな天真爛漫な女の子。野球やダンスが上手く、運動神経抜群。

 

・ミシェル

タナー家の三女で、初登場時生後9ヶ月。物怖じしない、どっしりとした性格。幼い頃に母親を亡くし、過保護に育てられたこともあり、わがままな一面も。

 

子供ということもあり、使われる英語もそこまで難しくありません。子供たちは基礎的な英語を中心に話します。英語の基礎を作ることは、非常に大事ですよね。

 

また英語字幕や日本語字幕を上手く活用し、自分にあった勉強法を実践することも可能です。子供たちの親になった気分で彼らの成長を見守りながら、英語も勉強しましょう!

教育や社会問題などアメリカの文化も学習できる

英語学習と同時に、アメリカの文化についても学ぶことができます。フルハウスは日常をテーマにしており何気ない普段の会話などから、教科書で学ぶことができないようない英語や考え方にも触れることができます。

 

特に学校のシーンなどは、いかにもアメリカらしい雰囲気を存分に味わうことが可能です。アメリカの国の文化を知ることは、語学上達の手助けにもなります。ただワイワイ楽しいだけでなく、社会問題なども取り扱っており、時にシリアスな展開になることも。

 

中でも印象的なのは、児童虐待について取り扱ったエピソードです。
タナー家の次女ステファニーはクラスメイトが児童虐待に遭っていることを知ってしまうが、そのクラスメイトと絶対に誰にも言わないと約束します。「約束を守ること」と「虐待に遭っている事実知っていながら何もできないもどかしさ」との間で葛藤します。

 

たった20分のエピソードですが、ステファニーが大人の階段を登る様子を垣間見ることができ、非常に心に突き刺さる回でした。気になる方は是非観てみてください(シーズン6・エピソード17「それぞれの家族」)。


フルハウスのココがおすすめ!!

さらにおすすめな部分を紹介していきます!ただ英語が勉強できるだけでなく、大家族ならではのほっこりした場面や子供たちとのやりとりは、荒んだ心を癒してくれます。3人の子供たちの親になったつもりで観るのも非常におすすめです!

 

また2016年に放送された続編の「フラーハウス(Fuller House)」が放送され話題になりました。立派な大人に成長した彼女たちを観ることができ、そちらも必見です。

家族愛にほっこり

子供たちの母親であるパメラは、不慮の事故で亡くなっています。パメラの弟ジェシーや子供たちの父親であるダニー、さらにダニーの親友ジョーイが協力して子供たちを育てていきます。

 

度々起こる家族同士の問題や姉妹喧嘩、学校でのトラブルなども全員で力を合わせて一生懸命乗り越えていきます。家族愛にあふれた場面が多く、ほっこりとした気分にさせてくれます。

 

また不器用な3人の父親が子供たちと真摯に向き合う姿も微笑ましく、観ながら思わずニヤニヤしてしまいます。

子どもたちの成長も一緒に見ていける

フルハウスは全部で8つのシーズンに分かれています。子供たちの成長を同時に見ていくことができるのも、フルハウスの見所の一つです。

 

特に当初9ヶ月の赤ちゃんだったミシェルは、ストーリーの最後には7,8歳の立派な女の子に成長します。立派に成長していく子供たちを見ていると、まるで彼らの親になったような温かい気分になります。

 

もちろんただ温かい気持ちになるだけでなく、子供たちがどのように英語を覚えていくのかも見ることができるため、英語学習にもとても役立ちます。

続編のFuller Houseもおもしろい


2016年に続編のFuller HouseがNetflix公開されました。前作と同じ役者陣ということもあり、放送開始時はとても話題になりました。

 

フラーハウスは、前作で10歳だったD.J.が3人の息子の母親となり、彼らを中心に物語が展開していきます。他の幼かった子供たちも大人になって登場、またダニーやジョーイたちも登場し、フルハウスファンも納得のスピンオフ作品となっています。

 

また日本が舞台となっているエピソードもあり、親近感が湧くこと間違いなしです!(日本のアイドルグループ・SEXY ZONEが出演しています)

今日からフルハウスで英語学習! 

いかがでしたか?
本記事では、大人気シットコム「フルハウス」を使った英語学えがおすすめな理由について解説してきました。

 

フルハウスは英語学習をするのにピッタリな作品です。なぜなら

 

・1話完結型で短いので続けやすい

・子供が主役なので難しすぎない

・教育や社会問題などアメリカの文化も学習できる

 

という以上の3点は、英語を学ぶ上で非常に効果的な役割をもたらしてくれます。

 

またその他におすすめするポイントとして、

 

・家族愛にほっこり

・子供たちの成長も一緒に見ていける

・続編のFuller Houseもおもしろい

 

を挙げました。

これからアメリカのドラマで英語学習を考えている方は、フルハウスを是非観てみてください!