アドレスホッパーの宿探しはこれで完璧!おすすめサイト5選を紹介

「アドレスホッパーの宿探しはこれで完璧!おすすめサイト5選を紹介」のアイキャッチ画像



みなさんはアドレスホッパーという言葉をご存知ですか?特定の住居を持たずに、各地を転々と移動しながら生活するスタイル、またはその人を指す言葉です。ここ1、2年で注目度が高まってきています。アドレスホッパーの特徴は、ただ各地を放浪するということではなく「定職を持ちつつ様々な場所で活動をする」ということです。

 

そこで今回はアドレスホッパーにオススメの宿探しサイトをいくつかご紹介します。アドレスホッパーを初めて知った人も、自宅以外にも拠点を持って多拠点で活動するのもいいなと思えるかもしれませんよ。

アドレスホッパーはどこに住むの?

アドレスホッパーが何か漠然とわかったところで次に浮かぶ疑問が「どこに住むの?」ということです。ホテル、旅館、民泊、ゲストハウス…簡潔に言ってしまえば、宿泊施設ですね。他にもシェアハウスや、近年は毎月固定の料金を支払うことで提携している物件を自由に利用できるサブスクリプション型のサービスも増えています。

 

定住する家を持たないということは家賃や光熱費などの固定費を削減することができます。住む場所にもよりますが、物件次第では賃貸より安く住めるところも多いです。また、アドレスホッパーは各地を転々とするので自然と荷物が少なくなります。移動が多い分、身軽さは大事ですよね。最小限の物だけでも生活はできちゃうので無駄な出費も減ると思います。

 

また、アドレスホッパーの特徴である「移動」では定住していると中々出会うことのない人たちと出会えることも魅力です。定住していると、仕事の同僚、友達、知っている人としかあまり会わなくなりませんか?各地を移動して新しい場所、新しい人たちに囲まれると珍しい職業をしている人や様々な国籍の人たちと知り合うことができます。人脈も広がるかもしれないし何より刺激になりますよね。地方へ行くと、地元の方達の温かみも感じられるしその地域の魅力を再発見することもできる、新しい環境に身を置くことによって感性も研ぎ澄まされるはずです。

 

アドレスホッパーが使う宿探しサイト5選

アドレスホッパー、中々魅力的ですね。それではアドレスホッパーの方達の宿探しによく使われているサイトを5つご紹介します。

 

みなさんもご存知のサイトから、アドレスホッパーのような人たちには大変嬉しいサブスクリプション型サービスを提供しているサイトまで様々あるので、宿を探したいけどどのサイトを使えばいいか分からないという人もどこに移動したいのか、自分の予算とも相談しながら参考にしてみてください。

1.Airbnb

民泊サービスとして有名なAirbnb。日本だけでなく、世界中での宿泊が可能なのが最大のポイントではないでしょうか。家だけでなく、場所によってはお城のような所やヴィラ、ツリーハウスなど珍しい場所に泊まることもできます。私は旅行するときにホテルに泊まるのもいいけど自炊ができたら食費も抑えられるのにな…と思うのでエアビーは個室だしキッチンもあるしとってもいいサービスだなと思います。料金は止まる場所によってピンキリですが、世界中を転々としたい人にはおすすめです。

 

Airbnbで検索

2.クロスハウス


こちらは主に東京のシェアハウスを探せるサイトです。利便性を考えて東京23区内に住みたいという人におすすめです。東京というとやっぱり家賃が高いというイメージがありますよね。でもこのクロスハウスはお値段がかなりリーズナブル!個室もありますが、ドミトリーにすると更に安くなります。都心にリーズナブルで住めるのは嬉しいですね。また、部屋の写真を360度カメラで見れたり、女性限定、男性専用の物件もありますよ。

 

クロスハウスで検索

3.ADDress

ADDressは、月額4万円〜で全国にあるADDressが運営している家に自由に住むことができるサービスを提供しています。しかも電気代、水道代込みで初期費用、敷金や補償金も無し!現在、全国50箇所以上に拠点があるので国内を幅広く移動したいと思っている方にいいのではないでしょうか。昨今社会問題になりつつある空き家をリノベーションして運営したりしているので地域活性化にも繋がっていると思います。海のそばにある家やオシャレな古民家まで幅広く探すことができます。

 

ADDressで検索

4.Booking.com

お次は海外の企業が運営するホテル予約サイト、みなさん1度は使ったことがあるであろうBooking.comです。ホテルの記載数は他の予約サイトと比べて圧倒的な数を誇り、ホテル以外にもゲストハウス、コテージ、グランピング、アパートメントなどの様々な宿泊形態を検索できるようになっています。値段に関しては割引などはあまりないですが、直前までキャンセル無料のプランも多く、支払いも現地で払えるシステムが多いのでもしかしたらスケジュール変更があるかも…と思った時でも「とりあえず予約しておこう」という風にもできるし、大手なだけあって口コミ数も多いので参考にしやすいと思います。

 

Booking.comで検索

5.OYO LIFE

1ヶ月もホテルに住むのはなんか嫌、でも部屋を借りる手続きがめんどくさい、そんな悩みを解決してくれるのがこのサービス!「好きなときに、好きな街へ」がコンセプトのOYO LIFEはそのコンセプト通り、好きなときに好きなだけ、気に入った物件に住める賃貸サービスです。ほとんどが家具付き物件なうえに敷金、礼金、仲介手数料が無料、スマホひとつで契約から退去までできるので引越しの際の面倒な手間が省けます。ホテルやゲストハウスではなく、相場の家賃よりは比較的リーズナブルに賃貸物件に住めることがOYO LIFEの特徴です。

 

OYO LIFEで検索

 

アドレスホッパーの宿探しはこれで完璧!

本当にいろんなサービスがありますね!アドレスホッパーが注目されている背景には現代の様々な働き方、生き方、価値観の多様化があると思います。必ずしも会社に行かなくても仕事はできるし、固定の家を持たなければいけないという決まりもない、普段私たちが無意識のうちに持っている固定概念を1度取り払ってみると新しい発見ができそうですね。

 

アドレスホッパーでなくても、こういうサービスを利用して数日間滞在してみるのもいいと思います。毎日自分の家で作業するより、馴染みの無い場所に行くことによって仕事が捗ったり、何かアイデアが浮かぶかもしれません。行ったことがある場所が増えていくのもアドレスホッパーの魅力のひとつ。みなさんも今回ご紹介したサイトを使ってまだ知らない街で暮らしてみませんか?

 

アドレホッパーの宿探しならココ!

クロスハウス

サブスクリプション型住居サービスを提供するクロスハウスはアドレスホッパーでの利用が1000名を突破しているくらい、アドレスホッパー界では注目されているサービスです。管理物件の3500室の移動が無料で行えるので、ライフスタイルに合わせて移動することができます。また初期費用は3万円からで、契約もWEBで行えるので定住地を持たないアドレスホッパーにとても便利なサービスです。

 

クロスハウスで宿を探す

Airbnb

Airbnbは空き家を貸したい人と、部屋を借りたい旅人とをつなぐWebサービスです。世界190カ国34,000以上の都市で利用されているので、国を超えてアドレスホッパーをやっている人には欠かせないサービスです。ホテルより価格が比較的安く、コンセプト型の民泊もあり、様々な宿タイプから検索することができます。ホストとの交流など、素敵な宿泊体験をしてみませんか?

 

Airbnbで宿を探す

OYO LIFE

OYO LIFEはホテルを選ぶように賃貸物件を選ぶことのできる「持たない暮らし」を提案しています。ネットで空き状況をリアルタイムで確認することができ、ライフラインから家具まで揃っているところもあるので最短翌日からの入居が可能です。敷金礼金も一切ないため初期費用を抑えられるのは嬉しいですね!

 

OYO LIFEで宿を探す