ハロートークはオンライン表示にするべき?しないべき?それぞれのメリットを解説!

「ハロートークはオンライン表示にするべき?しないべき?それぞれのメリットを解説!」のアイキャッチ画像




ハロートークは、家に居ながら外国人の方とチャットや電話ができる大変便利なアプリです。
世界中からランゲージエクスチェンジにやってくる人たちがいるので、英語だけでなく様々な言語を学ぶ場になります。

 

相手の投稿を見て声をかけたり、海外のことやわからないフレーズの意味について質問をすれば誰かが回答してくれたりします。言語の勉強にうってつけですが、使うにあたってオンライン表示をするメリット、非表示にするメリットのどちらを優先すべきでしょうか。

ハロートークでオンライン設定するべき?

ハロートークには、オンライン表示というものがあります。
これは、今自分がハロートークを使っていると相手に伝えるものです。写真のようにオンライン中は名前の横に緑の点が表示されます。

 

また、既にログアウトした状態でも、どれくらい前にハロートークを使っていたかという最終ログイン時間が表示されます。このオンライン表示をオフにしてログイン状態を隠すこともできますが、表示するにしてもしないにしても、どちらにもメリットとデメリットがあるので自分に合った方法でアプリを使いこなしていくべきです。

 

以下でそれぞれのメリットを紹介していくので、どちらの方法が使いやすいかをチェックしてみてください。
相性が良い相手と出会ってからオンライン表示をオンにするなど、時と場合によって使い分ける方法もあります。

オンライン設定にするメリット

それでは、ハロートークをオンライン表示にするメリットを紹介していきます。主なメリットは2つあり、1つは相手の検索結果にひっかかりやすいこと、もう1つはメッセージを送ってもらいやすくなることです。

 

これらについては以下でさらに詳しく見ていきましょう。上手く使いこなせるようになれば、オンライン表示にする良さをもっと理解できるようになります。良い人と出会える確率が増えたり、言語の習得が早くなることが期待できます。

言語友達検索のオンラインの部分に表示される

ハロートークには、言語友達を検索する機能があります。
例えば、ドイツ語を学びたいならそれを母語としているネイティブスピーカーを正確に探せるのです。

 

このようにランゲージエクスチェンジが目的でで検索をかける時、オンラインのユーザーに絞って検索する機能もあります。これなら、メッセージを送ってからすぐに返信をもらいやすくなり、返信を待っている間に「相手にスルーされたかな…」、「何故返信してくれないんだろう…」、「バグでも起こったのかな?」と悩む時間も減ります。

 

フォローされやすくもなることから、ハロートーク内で友達が増えることにも繋がります。

メッセージを送ってもらいやすい

また、オンライン表示にしていると相手からもメッセージを送ってもらいやすくなります。「今オンラインならすぐに返信をくれるかも」と、先述した自分の気持ちと同じ気持ちを相手も持ってくれるのです。それに応えることで友達は増えていき、スムーズなやりとりが可能となります。

 

海外とやりとりをするため時差がネックになってきますが、オンライン表示をしていればいつメッセージを送れば相手に気付いてもらえるかがわかります。国内でのやりとりとは少し違った意味でも、誰がいつオンラインなのかはハロートーク内で皆が気にすることなのです。

 

オンライン設定をしないメリット

では逆に、オンライン設定をしないメリットには何があるのかを見ていきましょう。オンライン表示にするメリットを見た後だとデメリットしかないように思えるかもしれませんが、実はオンライン設定にするとむやみにメッセージを送ってくる人もいます

 

言語を学びたいという人以外もやってくるので、それを避けられるという点ではオンライン表示にしない方が良いでしょう。また、オンライン表示をしていればメッセージを送った相手はすぐの返信を期待しますから、返信しないと相手を不安にすることもあります。

むやみにメッセージを送ってくる人が増える

オンライン表示にしてしまうと、返信を期待して自分が希望しない言語を母語とする人からメッセージが来ることもあります。普通、ランゲージエクスチェンジが目的ならきちんと相手のプロフィール欄を見て、相手が学びたいと思っている言語と、自分が学びたいと思っている言語が合致するかを確かめるはずです。

 

それをせずにメッセージを送ってくるのはナンパ目的ということもあるので注意が必要になります。出会い目的だろうと思ったり、自分が自分が希望している言語を習得していない人や、日本語を学びたいと書いていない人であれば無視しても良いでしょう。

相手を不安にさせることもある

オンライン表示にしていると、相手がメッセージを送る時に期待するのはすぐの返信です。しかし、これをしないと相手は不安になってしまうでしょう。自分が迷惑を被ることを避けるためにオンライン表示にしないという手もありますが、これは同時に相手を不安にさせないためにオンライン表示にしないという選択肢でもあるのです。

 

オンライン表示にしている時に返信ができそうにないのであれば、あらかじめオンライン表示設定はしないことをおすすめします。相手に余計な期待を抱かせる羽目にもなりますし、自分がもしそうされたら嫌でしょう。

 

自分にあった使い方でハロートークを使いこなそう!

ハロートークの使い方、どのようにすべきか検討はつきましたか?
オンライン表示は便利で、検索してもらいやすいことから友達が増えやすいことや、アクティブなことを伝えられるため多くの人からアプローチを期待できます。

 

もう何ヶ月もログインしていない人と、数十分前にログインしている人とでは後者を選ぶ人がほとんどです。一方で、オンライン表示にすることでナンパ目的の人がやってきたり、オンラインの時を見計らってメッセージを送る人も出てくるかもしれません。これを防止するならオンライン表示にしないことが重要です。

 

どちらが使いやすいかわからない場合は、最初にオンライン表示で使ってみてから決めてみるのも一つの手になりますよ。