ハロートークでの写真の設定や投稿はするべき?そのメリットや注意点を解説

「ハロートークでの写真の設定や投稿はするべき?そのメリットや注意点を解説」のアイキャッチ画像




ハロートークを利用している、またはこれから始めようとしている皆さんは自身の写真をアップロードすることに抵抗はないでしょうか。しかし顔写真をアップロードすることにはそうしたメンタルバリアを乗り越えるに値するメリットがあります。

 

本記事ではハロートークでは写真を載せるべきか、写真を載せることでどんなメリットを得られるのか、ハロートークで写真を公開する中で注意しなければいけないのはどんな事なのかについて紹介します。

ハロートークで写真は載せるべき?

ハロートークでは自身のアカウントのアイコンとして、また、メッセージやタイムライン上でも写真の投稿を行うことができます。特にアイコンやタイムライン上だと不特定多数の方に見られる可能性があるため、自身の写真を載せるのには抵抗がある方も多いでしょう。

 

アイコン写真には本人の写真を載せる必要は必ずしもありません。飼っているペットの写真や描いてみた絵など、著作権に触れないようなものならよいかもしれません。

 

しかし自身の写真をアイコンに設定したり、タイムラインに投稿したりすればほかの人たちはより安心し、あなたとコミュニケーションをとろうとしてくれるでしょう。自身の写真を載せることはおすすめと言えます。

写真を載せるメリット

 ハロートークではプロフィール欄などに写真を載せることができます。といっても自身の写真を載せるのに抵抗がある方は多いかもしれません。

 

しかし、自身の写真を載せることで好感を持ってもらいやすく、パートナー探しに非常に効果的です、また、タイムラインに写真を投稿することでファンとなってもらえることがあります。

 

ハロートークは語学学習に集中できる安全なアプリです。写真を載せ、コミュニケーションをよりスムーズにしましょう。 

顔写真があると好感をもってもらえる

プロフィールに顔写真が使われているとほかのユーザーから好感を持ってもらいやすいです。これはどんな人とコミュニケーションをとろうとしているのか少し解像度が上がり、心の距離が近づいたと感じるからです。

 

あなたがパートナーを探そうと思うとき、プロフィール画像に顔写真が設定されているユーザーとそうでないユーザーがいたらどちらにコンタクトをとるでしょうか。やはり顔写真を公開している方を選ぶのではないかと思います。顔がわかるとどれだけ安心することができるか、イメージできたでしょうか。

 

また、顔写真の中だったり投稿した写真の中に自信の服やアクセサリー、小物が見えると趣味も伝わってよりよいかもしれません。趣味が合う人とは会話も弾みます。写真を活用して自身の人となりを伝えましょう。きっとよりよいパートナーが見つかります。

写真を投稿するとファンができやすい

写真を投稿するとファンができる可能性があります。あなたの好きなものは何でしょうか。例えばアニメ。アニメが好きなことを写真とともにアピールしていくと自分とつながってくれる方がどんどん増えます。ファンができればいつでも会話に困ることはありません。

 

また、同好の士というのは得てして協力的なものです。あなたが語学でつまずいてしまった際にはきっと助けてくれる方が現れるでしょう。また、あなたも誰かファンになってくれた方が困っていればきっとより助けたいという気持ちが働くことでしょう。写真を投稿することでファンができ、好きなものを通して結果的には語学学習が捗ることもあるでしょう。

 

やはり写真は載せておいたほうが様々ないい効果が予想されます。最初はやはり少し恥ずかしかったり抵抗があるかもしれませんが、非常におすすめです。

 

写真に関して知っておきたいこと

ハロートークに写真をアップロードするか迷っている方に知っておいてほしいことがあります。これらを知っていることでハロートークが安心して使えるサービスであること、また、自衛のための方法を考えることができるようになるでしょう。

 

まず、写真の無理な要求はハロートークの規約で禁止されています。また、全ての画像は拡大可能なこと、プロフィール写真を除いたすべての写真は保存可能であるということを知っておきましょう。

写真の無理な要求は禁止されている

ハロートークでは規約によって無理な写真の要求は禁止されています。これは大きな安心材料でしょう。上で紹介したようにやはり自身の写真も含め、様々な自身の人となりがわかる写真を載せるほうが仲良くなれます。

 

しかし、無理にあなたの写真を要求してくる人はストーカー気質を持っていたり、体目的で近づいてきている可能性が予想されます。こうした困ったユーザーに対してあなたが積極的に対処していくことは恐怖を伴うかもしれませんし、時には危険があるかもしれません。

 

ハロートークなら規約に触れるようなことを繰り返すユーザーには運営側から厳しい処分が科されます。あなたが積極的に動かなくても運営が対処してくれるなら安心ですね!

写真は拡大可能

写真の無理な要求は規約で禁止されていますがすでに上げている写真をあまりまじまじと見てほしくないという方も多いかもしれません。プロフィール画像も含め、ハロートークに投稿される写真は全て拡大が可能です。拡大されるのは恥ずかしい、抵抗がある方は画質が良すぎるものは避け、あえてやや解像度の低い画像を使用するといいかもしれません。

 

また、画像加工アプリを使用してスタンプやモザイクを部分的に使うのも手です。しかし、基本的にはしっかりと顔がわかるほうが他のユーザーへ与える安心感は大きいものです。やはり解像度をやや落とした画像を使用するのが安心感、そして信頼感のバランスの中で無難な選択かもしれません。

写真は保存可能

皆さんに少し注意して頂きたいこととして、プロフィールの写真は保存することができないのですが、タイムラインに投稿している画像は保存が可能であることが挙げられます。

 

プロフィールの写真は保存不可能なので安心してください。タイムラインに画像をあげることはほかのユーザーのハートをつかむ可能性を上げてくれます。しかし、中には自分でも忘れてしまっていた写ってほしくないものが入っている画像もあるかもしれません。

 

例えば住んでいる場所がある程度特定できてしまう看板などが入っている画像はやや危ないかもしれません。こうしたささいではあるものの、実は危険が潜んでいる箇所に注意して画像を選んだり、加工して投稿するようにしましょう。

顔写真を設定していない人には注意

プロフィールにはあなたの顔写真を投稿したほうが信用を得やすく、その結果交流がスムーズになるなどのメリットがあること、各写真は基本的には保存可能なものの、プロフィール写真は保存不可なこと、そして無理な写真の要求はハロートークの規約で禁止されていることから安心して過ごせるということを紹介しました。

 

このため、繰り返しにはなりますが是非顔写真を登録すべきです。逆に、あなたがパートナーを探す際、顔写真を登録していない人には多少注意が必要であるということも言えます。やはりこれだけ安心して過ごせる環境にあって顔写真がない場合、どうしてもいまいち信用に欠けます。こうした人たちは出会い目的のケースが多く、注意が必要です。

ハロートークで写真を載せて沢山の人と絡もう! 

ハロートークで顔写真などを公開するにはやや心のバリアが解けない方もいるかもしれません。しかし、ハロートークではプロフィール写真は保存できないこと、規約で執拗な写真の要求は禁止されており、もし悪質だと判断されれば運営の介入もありえることをおさえて頂ければバリアを解くハードルも下がるのではないでしょうか。

 

写真を載せることでやはりほかのユーザーからの信用度は上がります。あなたのファンになってくれる人が現れ、同好の士として語学学習の面でも助けてくれる人も出てくるかもしれません。

 

あなたがパートナーを選ぶときにも顔写真を登録いる人をなるべく選びましょう。そうすれば快適にハロートークを楽しめるでしょう。