こんな自己紹介ならハロートークで声をかけてもらえる⁉自己紹介の書き方のコツ

「こんな自己紹介ならハロートークで声をかけてもらえる⁉自己紹介の書き方のコツ」のアイキャッチ画像




ハロートークは、世界中の言語や文化交流のために作られた世界初のオンラインコミュニティです。
音声を送ることも電話をすることもできます。英会話レッスンにお金がかかるなら無料で使えるハロートークアプリの方が良いですし、英語だけでなく韓国語や台湾語など世界各国の言葉を学べます。

 

相手に言語を教えてもらう代わりに、自分の母語を教える取り組みをランゲージエクスチェンジと言います。
ハロートークを上手く活用するには自己紹介欄を充実させて人をたくさん呼び込むことが重要です。

ハロートークの自己紹介は重要?

 

ハロートークは自分から気になる相手へ声をかけることもできますが、相手から来てもらいたい場合には自己紹介が重要なポイントになります。また、こちらから声をかけても反応がない場合は、あなたのことがよくわからずに不審に思われている場合もあるかもしれません。

 

まずは自分のことを相手に知らせ、怪しい物ではないことを伝える必要があります。
始めて時間が経てば相手もあなたのことを信用してくれるでしょうけれど、アプリに登録したばかりではまだどんな人か相手は判断ができないのです。

 

お互いに気持ちよくやりとりができるように、オンラインコミュニティでは自己紹介欄を充実させておくのが基本です。世界が相手となると余計に自己紹介は重要になるでしょう。どのように自分をアピールするか考えてオリジナリティあふれるものにしてみてください。

自己紹介文の書き方のコツ

それでは、ハロートークでの自己紹介文の書き方のコツを紹介していきます。
気を付けなければならないのは、ハロートークは日本国内の人を相手にするのではなく、世界各国の人達が相手であるという点です。

 

この点を意識して書いていけば、誰もが魅力的だと思える自己紹介文ができあがります。例文は世界中の人たちの自己紹介文になるので、他の人がどのように書いているかを参考にしてみるのも良いでしょう。記事のようにならないよう、ユーモアを交えて書くのも有効です。具体的にどのようにすれば魅力的な自己紹介文になるのか、以下で学んでいきましょう。

学びたい言語で

ハロートークに登録すると、最初にしてみたいのはやはり自分が学びたい言語のネイティブスピーカーとコンタクトをとることでしょう。ランゲージエクスチェンジが目的ならまずそこが達成されなければ何もできなくなってしまいます。

 

よって、自己紹介文は学びたい言語を使っている人と出会えるよう、その言語で文を作ってみると良いでしょう。
マッチングがしやすくなり、日本語を学びたいと思っている相手から声をかけられやすくなります。また、日本語を学びたい人は相手が日本語を使うかも知りたいと思っているので、自己紹介文は日本語でも同じ内容を書いておくことをおすすめします。

 

学びたい言語が複数ある場合には何か国語かで書くことも可能ですが、あまり長くなると見にくいので2言語か3言語くらいにとどめておくとベターです。

趣味

自己紹介文は、世界に向けて発信するとなると読んでほしい名前や住んでいる国など、とてもざっくりとしたものしか書かなくなってしまう人もいます。けれど、それでは人となりがわからないので趣味も書くようにしましょう。自分の趣味を書くことによって同じような趣味を持った人と繋がりやすくなります。

 

たとえ希望する言語を使う人からのアクションが得らずランゲージエクスチェンジができずとも、趣味を通じて世界のどこかにいる人と友達になれる機会が簡単に作れるわけです。また、やってみたいことや行きたい国などがあると会話のきっかけになることもあるので、これらも考えて記入しておきましょう。

 

日本人にしか通じないことや日本の文化に関係することが趣味ならば、それを他の言語で細く説明してみましょう。日本文化に興味を持っている人であれば反応してくれるでしょう。タグを使って書いてみる方法も気付いてもらいやすくておすすめです。

目的・目標も

ハロートークは出会い系ではありません。外国から日本人を目当てにして会いたいと言うのはなかなか難しいためか、そのような人達はハロートークには少ないと言います。

 

しかし、念のためにハロートークに登録した目的や目標を自己紹介欄に明確に記入しておきましょう。
こうすることによってしっかりと言語を学びたい意思を表示できます。出会い目的の人からのメッセージを避ける方法としても使えるので覚えておいて損はありません。

 

同じく外国語のレベルアップという目的を持った人であれば、目的や目標がしっかりと定まっている人について「私と同じ思いを持っている、安心してやりとりができそう。」こんな風に思ってもらえるようになります。そうするとおのずと良いやりとりができる人とのみ繋がれるようになります。目標は自分のモチベーションアップにもなり一石二鳥です。

 

プロフィール写真も設定しよう

 

自己紹介文にはプロフィール写真が必要です。必須と言っても良いかもしれません。

 

今でこそ色々なSNSが発達して顔出しに抵抗が少ない人も多くなりましたが、日本人は自己主張をしない国民性であることもあってかプロフィール写真を載せたがらない人も多いです。Facebookなどでは外国だと自分が主役であり、自分の写真を載せない人は珍しい方です。日本人が無理に世界に合わせる必要はありませんが、ハロートークの目的や使い方においてはプロフィール写真はあった方が良いです。

 

相手のことを知るのにいくら自己紹介文が充実していたとしても、プロフィール写真から知れる情報の方が圧倒的に多いからです。おそらく多くの人は、同じ自己紹介文でプロフィール写真がある人とない人のどちらかを選んでくださいと言われれば、プロフィール写真がある人を選ぶと思います。

 

それは相手のことがわかり、安心するからです。顔が整っているかどうかを気にする人も多いですが、そうではなく、単に相手を知って安心したいという欲求を満たせれば良いので顔がはっきり分かるものならOKです。

 

 

自己紹介文を工夫してハロートークで人気者に!

 

ハローワークを上手く活用するなら、自己紹介文を工夫してみましょう!

 

人気者になるにはまず自己紹介文とプロフィール写真を作るところからです。趣味を書くなら、それを実際にやっている写真を載せるのがおすすめです。日本文化に興味を持ってもらいたいなら、例えば夏に浴衣を来ている写真を載せるのも良いでしょう。書道や茶道、武道なんかも人気です。

 

また、世界に誇る日本の文化と言えばアニメです。アニメ好きならタイトルを外国語で書けば相手もすぐに理解してくれるので良い話のきっかけになるでしょう。まだ外国語を上手に操れない時には、お互いの趣味に頼ると気まずくならず会話ができます。