英語学習でのあなたの目標は?適切な目標設定が学習の鍵となる⁉

「英語学習でのあなたの目標は?適切な目標設定が学習の鍵となる⁉」のアイキャッチ画像



英語学習では目標設定が不可欠。学習スケジュールの作成、モチベーション管理に大きく影響します。

 

そして目標の立て方は目標が達成されるかを左右するキーといっても過言ではありません。
本記事では目標設定の重要性、目標のたてかた、学習継続のコツを紹介します。

英語学習を始める前の目標設定が重要

目標設定はめんどくさい…そういった方が多いのではないでしょうか。目標設定になんだかやる気が出ないのは目標設定で得られるメリットをよく理解できていないからかもしれません。

 

目標設定をすればモチベーションを高め、維持することができ、進むべき方向を取り違えてしまうということも起きづらくなります。また、設定すべき目標は最終目標だけではありません。中間目標、ロードマップを設定することでさらに学習はスムーズに進みます。

目標設定が重要な理由

目標設定は何をやるにも重要ですが、英語学習でもやはり非常に重要で避けては通れないものです。目標設定は英語学習においてどのように役立ってくれるのでしょうか。そのメリットを3つのアプローチから紹介していきます。

今の実力を確認できる

英語学習を始める前に目標を定めることにはちょっと意外な効果もあります。「今の実力を確かめられる」ということです。より正確には今の実力を確かめるための準備が整うと言ったほうがいいかもしれません。

 

まず目標を定めます。そしてすぐに試験を受けてしまう、もしくは検定試験の模擬テストを買ってきてやってみることで今の自分が最終目標に対してどれだけ距離があるのか、具体的には何が足りないのかをはっきりさせることができます。

モチベーションが高まる

目標がないのでは学習効果は期待できません。
これは心理学的にも実証されており、「ある仕事を実行するときに標準時間以上の余分な時間が与えられると、人は与えられた全部の時間を無駄なく使う為に、業務遂行のペースを無意識のうちに調整し、生産性の低い仕事になることが多い」という効果をパーキンソンの法則といいます。

 

しかし、逆に達成が少し大変な目標を設定することで生産性を高めようという心理が働くのです。

正しい方向に進める

目標を設定することの大きなメリットのひとつとして勉強を正しい方向に進めることができるということもあります。目標を設定したらロードマップをひいていつのタイミングでは何をしているということを管理する体制を最初に作っておけば後はそれに従ってがむしゃらに頑張れば成果が待っています。

 

目標を設定し、途中で進捗を見直し、ロードマップを引き直し、勉強を続けるというサイクルを繰り返せば輝かしい結果が待っているでしょう。

ロードマップの正しい作り方

目標設定をしたら次はスタートからゴールまでを埋めるロードマップの作成です。ロードマップとは何でしょうか?

 

ロードマップとは目標までの計画を時系列でまとめた図や表のことです。マイルストーンと混同されがちですがマイルストーンは中期目標のこと。ロードマップはあくまでいつからいつまでに何を済ませるという「予定表」です。

目標を明確にする

例えば「外国人と英語で話せるようになりたい」という目標があったとします。

 

そこに対して「どうしてそれを達成したいのか」というビジョンがクリアであると理想と現実のギャップを埋める方法を探すことが容易になり、モチベーションの管理も簡単になります。

 

また、目標は具体的にが鉄則。例えば「英語が得意になる」ではなく、「3か月でTOEIC800点をとる」というように具体化することが努力の方法をクリアにしてくれます。

達成時期を設定

「1年後に外国人と仕事で英語で会話ができるようになりたい」。このように学習目標達成までの期限を設定する必要があります。また、中間目標にも必ず達成期限を設定しましょう。期限に追われることは悪いことばかりではありません。

 

「これぐらいならなんとか」という少しチャレンジングな期限設定は自身を奮い立たせ、モチベーションを上げてくれます。また、こうして目標を確実に達成した経験は英語だけでなく大きな財産になるはずです。

現状を把握し問題点を洗い出す

目標設定を終えたらロードマップ作製の材料を見つめる必要があります。それはあなたの「現状」です。

 

まずは何か検定試験を受けたり、模試を解いて今の自分がどれぐらいできるのか。何がわかって何がわからないのか、目標までどれぐらいの距離があるのかを確認しましょう。

 

現状についてのデータを収集したら問題点の洗い出しをし、どこにどれだけの労力を割くかの検討をします。こうしてやっとスケジュールを立てるまでの下準備が完了します。

スケジュールを立てる

現状把握をし、問題点の洗い出しまで終わったら次はスケジュール作りです。まずは自分が1週間、1か月あたりどれぐらい時間を使えるのか、図書館や自宅、書籍、web上の学習サービスなどどんなリソースが使えるかの洗い出しをします。

 

ここまできたら中間目標の設定も含めたロードマップ作りをしていきます。やるべきタスクをどんな順番でそれぞれどのタイミングで着手し、いつまでにこなすのか表に起こしていきます。

目標設定の例

目標設定をすることは英語学習をする中での楽しみを増やしてくれることでもあります。英語の資格取得にはゲーム的楽しさがあります。

 

また、設定する目標によってはほかにも様々な楽しい活動を学習に組み込むことができます。

英語の資格をとる

英語の勉強をする理由は人によって様々。
しかし、「外国人と英語で話せるようになる」というような目標の場合、モチベーションの維持、そして自分が今どれだけの実力でこれから何を勉強していけばいいのかわからなくなってしまいがちです。

 

英語の資格試験の合格、一定の点数の取得を目標にすることは学習のペースメーカーとして最適です。メジャーな資格なら学習用の書籍、教室などリソースも豊富でロードマップ作製も用意でしょう。

外国人の友達を作る

英語を話せるようになりたいと思うのならば英語を話す外国人の友達を作るのがとにかくおすすめです。彼らと遊び、時にはケンカをし、英語そのものの学習というよりは英語を介した人間関係を長い期間体験することで英語の運用能力は飛躍的にアップします。

 

どうしても言葉の学習には習うより慣れろという側面があります。しっかりと学習計画を立て、それをこなしながら外国人の友達と楽しく過ごしていけば鬼に金棒でしょう。

映画やドラマを英語で見る

映画やドラマを英語で見ることも英語学習に良いことです。英語学習をする上で英語に触れる時間は重要なパートですが、日本で生の英語に触れられる機会はまだまだそう多くはありません。

 

しかし、映画やドラマならば話は別です。各種動画配信サービスを活用することで楽しみながら意識せずに英語に触れる時間を増やすことが可能です。英語学習の目標のひとつに週に3話英語のドラマを見るという目標を入れるのもいいかもしれません。

将来の自分の英語力をイメージし、英語学習を始めよう

英語学習のためにいかに目標設定が重要な役割を果たしているか理解いただけたでしょうか。目標設定をすることはモチベーションの向上に寄与してくれるだけでなく正しい方向に学習が進んでいるかという部分でも役立ってくれます。

 

また、目標設定をしたら現状確認をし、具体的な中間目標をたててロードマップをひくことで学習はよりスムーズに進んでいきます。楽しいことも学習に取り入れるべきです。

 

英語のドラマや映画を見てみること、外国人の友達を作り生きた英語を体験することは新しい知識を覚えるだけでなく、自分の英語の運用力をブラッシュアップしてくれます。目標として設定した将来の自分の英語力をイメージし、英語学習を始めてみましょう!

 

英語学習をもっと楽しく!

オンライン英会話:DMM英会話

132カ国の講師と1レッスンい163円でマンツーマンの英会話レッスンが受講できるDMM英会話。9421以上の全教材が無料で選び放題なので、自分の学びたいトピックで楽しく英会話ができます!そして一番嬉しいのが24時間365日レッスンができること。これなら忙しい社会人でもスキマ時間を使って英語学習ができますね!毎日話せる6つの料金プランがあるので自分の生活スタイルにあったプランを見つけて英会話を始めてみませんか?全講師ビデオレッスンに対応しているのでコロナが心配な今でも、お家から安心して英語学習ができます。体験レッスンでは25分のレッスンが2回受けられます。ぜひ体験レッスンを受けてみましょう!

 

DMM英会話の無料体験はこちらから

英語学習アプリ:HelloTalk(ハロートーク)

世界最大の語学交換ができる言語学習アプリのHello Talk。今やアプリ1つで言語学習ができる便利な時代になりましたね!HelloTalkでは1500万人のハロートークユーザーとつながることができ、テキスト・音声・通話・ビデオ通話など様々な方法で語学パートーナーとチャットが行なえます。その他にも翻訳・発音・音訳・修正などの機能もあるため、英語初心者でも気軽に始められそうですね!ただのチャットではなく、外国語をより簡単に楽しく学べるHelloTalkは無料会員と有料会員の2種類あります。無料会員でも十分な機能がありますが更に多くの機能を使いこなしたい方は月額880円で有料会員に!まずは無料会員から始めてみませんか?

 

HelloTalkをダウンロード

文法チェックツール:Grammarly

Grammarlyは英語の文法チェックを行ってくれる英文校正ツール。ライティングをしているとよくぶつかる悩みをほとんど解決してくれます!スペルチェックや冠詞・前置詞のチェックはもちろん、言い回しや盗用度チェックなどもしてくれるのでとても便利です。留学中の方や、試験でライティングがある方などには欠かせないサービスですね。アプリもあるのでいつでもどこでも簡単にチェックできちゃいます!無料版と有料版があるのでぜひ一度無料版から試してみてください!

 

Grammarlyを使ってみる