フリーランスなら活用するべきアプリ6選!その他便利なアプリもご紹介!

「フリーランスなら活用するべきアプリ6選!その他便利なアプリもご紹介!」のアイキャッチ画像



フリーランスとして仕事をしていきたい。そうした希望を持っている方は多いはず。でもどうやって仕事をみつければいいのでしょうか。

 

すでにフリーランスで働いている知り合いや事業会社で働いている知り合いから仕事を振ってもらえればとてもラッキーです。でもそれ以外の人は…?実は誰でも使用できるアプリの活用がカギになるのです。

 

本記事ではフリーランサーのための仕事探し、そして仕事をしていく上で便利なアプリの紹介をします。

フリーランスとして仕事するにはアプリ必須?

フリーランスになったらどうやって仕事を探すのでしょうか。友人、知り合いのコネ。こうしたものがあればいいかもしれません。しかし、多くの方はそのようなラッキーなつながりがある状態でフリーランスとしてのキャリアをスタートすることは難しいでしょう。

 

では、あきらめるしかないのでしょうか。そんなことはありません。現在はフリーランス向けに仕事を紹介する様々なアプリがあり、仕事を探すには困ることは少なくなっているのです。パソコンから、携帯から、好きなデバイスで、好きなタイミングでお仕事を探すことができます。

 

仕事を探すためにアプリを活用することは今やフリーランサーにとって生命線と言ってもよいものです。現在では無数にそのようなアプリがありますが、ではどれが良いのでしょうか。以下でおすすめアプリを紹介します。

フリーランス向けおすすめアプリ6選

フリーランスの方は安定した仕事探しのため、フリーランス生活第一歩を踏み出すため、是非アプリなど、ネット上にある仕事の紹介サービスを活用していくべきです。


しかし、どのサービスを使えば安心できるのでしょうか。仕事の豊富さやUIの良さ、使いやすさなど、気になる点がそれぞれあるのではないでしょうか。そこでここではフリーランスの方々におすすめの仕事探しに使える独自に調査したアプリを6つ紹介します。

1.クラウドワークス

クラウドワークスは最もおすすめのサービスです。業界最大手であることもあり、案件数は相当に豊富です。また、クラウドワークスの特徴として一定の基準をクリアすると「無料で福利厚生が受けられる」というものがあります。

 

「スキルアップ支援」や「確定申告の相談」、「法律上の相談」や「イベント・セミナーへの出展」などです。また、引っ越し代の割引や様々なサービスでの優待があり、安心して仕事をしていくことができるでしょう。案件も幅広く、フリーランスとしてのキャリアを歩みだすにあたってとりあえず登録しておきたいサービスです。



2.ランサーズ

ランサーズはクラウドワークスと並ぶクラウドソーシングサービスの最大手です。ランサーズでは単価が安い案件から高い案件まで様々な案件が常にあります。高い案件はやはりそれなりの能力が求められてしまうため、初心者には概ねきついと言えます。

 

安い案件も必ずしも悪くはなく、むしろ初心者には経験値を積むため、いいことでしょう。クラウドワークスに比べ、単価が安いという評判がありますが使い分けができるともいえます。まず単価の安い案件で数をこなし、キャリアを積むという観点からいけばランサーズは初心者にはいいサービスでしょう。

3.ココナラ

ココナラはクラウドワークスの古参です。以前の社名であるウェルセルフも含めると2012年にスタートした企業です。
レベル感としては真ん中程度のようで初心者でも始めやすいサービスです。

 

様々なスキルが売られているプラットフォームで「ゲームのレベル上げを手伝います」というスキルの出品者もいます。いわゆるクラウドソーシングというよりもさらに広い幅でのスキル市場が広がっている印象です。いきなりしっかりとした案件に入っていくのはちょっと怖いという方でも安心です。ただ、発注側も慣れていない可能性を踏まえやや注意が必要です。


4.タイムチケット

タイムチケットはココナラよりもさらにカジュアルなスキル販売のプラットフォームです。「肩もみします」のように、ITとは全く関係のないスキルもたくさん出品されています。

 

フリーランスというよりもむしろ空いた時間でおもしろいもの、体験を提供したい、買いたいという層向けの、さらに敷居の低い感覚のあるプラットフォームです。よってしっかりと副業をするというよりもその手前でまずはスキル販売に慣れるという部分の強化に使用するのがいいのではないでしょうか。よってフリーランスとしての仕事に慣れるために活用するのがおすすめです。


5.Craudia(クラウディア)

クラウディアはココナラやタイムチケットに比べると堅めの、システム、ソフトウェア開発や事務作業、データ入力などの仕事が中心のクラウドソーシングサービスです。これから新たな分野に挑戦するという方よりも、すでにこれまでの会社や大学での経験を生かしてフリーランスデビューする方に最適に特におすすめです。

 

また、クラウディアは発注する側にとってのメリットが大きいサービスで、発注側の費用はなんと0円です。将来自分がビジネスを行う側になったときなどに誰かに仕事を発注しようという時にはまず最初に出てくる選択肢でしょう。


6.Bizseek

Bizseekはwebの仕事に特化したクラウドソーシングサービスです。システム手数料が安く、クライアントから提示された金額と実際に受け取れる金額の乖離が少ないといううれしい特徴があります。

 

Bizseek自体が法人向けのシステム開発支援に力を入れており、主な仕事はシステム、アプリ開発、webデザイン、グラフィックデザイン、軽作業などです。web業界での経験を積みたい方には特におすすめです。仕事が依頼される形式がプロジェクト形式かコンペ方式なので全くの初心者の方には向かないかもしれません。


その他フリーランスが使う便利なアプリ4選

フリーランスとして仕事をしていく上での悩み事は仕事探しだけではありません。タスク管理、仕事効率化を完全に一人で行う必要があります。こうした状況で助けてくれるのが以下Evernote、Dropbox、Slack、Grammerlyの4サービスです。

 

それぞれタスク管理やファイルを置くクラウドストレージ、チャットツール、翻訳支援とどれもフリーランスとして活動していくのに重要なものです。是非導入をしておきましょう。

1.Evernote

Evernoteはメモ帳、タスク管理サービスです。作成したメモをメンバーで共有できるため、事前に共有をしておけば「事務所にあったドキュメントにはなんて書いてあったっけ…」が避けられます。

 

また、「この情報、確かにこのドキュメントに乗ってるはずなんだけどページが多すぎて見つけられない…」というような場合も強力な検索機能ですぐに見つけだすことができます。また、タスク管理機能も優秀です。PCでも携帯でも確認できるのはもちろん、リマインダー機能、チェックボックスを作ることもでき、Todoの抜け漏れを許しません。

2.Dropbox

Dropboxはクラウドストレージ世界最大手です。すでに使ったことがある方も多いのではないでしょうか。クラウドストレージとはインターネットを経由して手元のPCやストレージ機器以外にファイルなどを保存することができるサービスです。

 

これにはインターネットを使える環境なら世界のどこからでも見ることができるという以外にも大きなメリットがあります。それはもし自分のPCや携帯が壊れてしまってもデータは無事だということです。Dropboxはとにかくユーザーが多く、仕事でもよく使います。使用に慣れておくことが大事です。

3.Slack

ビジネスでのチャットツールといえばSlackと言えるでしょう。フリーランスに限らず、企業で働く方でもSlackを使う方は多いはずです。ワークグループ、チャンネル、スレッドなど、スムーズに使えるまでにいくつかの基本的な概念の理解、多少の慣れが必要ですが慣れればこれ以上になく便利なサービスです。

 

基本的には全員に表示されるかつ、チャンネルごとにみられるメンバーを絞ることができ、メールでよく使うCCを使用しなくてもコミュニケーションをとりたい全員にすぐメッセージを見てもらえるのは大きなメリットです。

4.Grammerly(グラマリー)

Grammerlyは翻訳支援サービスです。このアプリを起動しておくとあらゆる場所で打つ英文の文法面での添削をしてくれます。文法は永遠の課題のはずです。

 

フリーランスの中でも専業の翻訳者の方であればまた違ったツール、方法をとるかもしれませんが、仕事上海外の方とやり取りをする、ドキュメントを作るなどをする必要があるときには単数形、複数形、カンマのあるなしを間違えるだけで大問題になることも。Grammerlyはこうした場面で大活躍してくれます。Grammerlyを使って安心して仕事に取組みましょう。

アプリを活用してフリーランスになろう! 

フリーランスの仕事探しはコネ頼みだととても大変です。クラウドワークス、ランサーズの2大巨頭をはじめとした様々なサービスを積極的に活用し、まずは単価をあまり気にせず件数をこなすことで実績を積みましょう。

 

次第に高単価の案件もとれるようになり、フリーランスとしての生活がひらけていくはずです。また、スケジュール管理や翻訳などを頭の中だけで完結させることは大変に難しいものです。

 

ここまでで紹介したタスク管理やファイルを置くクラウドストレージ、チャットツール、翻訳支援の4つのサービスを活用し、仕事をスムーズに進めましょう。フリーランスの仕事はこうしたツールを発掘するのが楽しみのひとつと言えると思います。