みんな必ず一度は旅行に行くべき!旅行のメリットとは

「みんな必ず一度は旅行に行くべき!旅行のメリットとは」のアイキャッチ画像






昔から「可愛い子には旅させよ」ということわざがあるように、旅は人を成長させます。自分の知らない土地、異文化を体系的に学べます。

 

楽しいだけでも旅行ですが、分からないことや壁にぶつかった時に対処していく過程も旅の醍醐味の一つです。
今回はそんな「人生に一度は旅をするべき理由」についてを、いくつかの具体的なメリットと一緒に紹介していきます。

 

これを読んでまだ見ぬ世界を見渡しましょう!

旅行には行くべき?

「海外旅行に行ってみたい!」「モナリザを見てみたい!」「あの街にも行ってみたい!」
多くの人が少なからず自分のお気に入りの場所や国を抱いてるはず。

 

自分の知らない土地、まだみぬ場所に行けば自ずと学びも増えていくのは当然です。
楽しいあまり、無意識に旅先の歴史や文化、そして人々からどんどん吸収していきます。

 

しかしそんな自分成長の魅力が詰まった旅行でも、行くからには時間とお金、そして英語も必要になってきます。
恐らく旅行に行きたいと思う人の大半が、この理由で夢半ばに折れてしまいます。

 

でも逆に言うと、お金が果たしていくらあればいいのでしょうか。時間は?英語力は?海外旅行ともなると言語の壁もあるものですよね。しかしその壁や問題に立ち向かって行くことも旅行の醍醐味であり、苦境こそが自分を成長させてくれます。

旅行のメリット

それでは旅行に行くメリットについてを、より具体的に10個の観点から紹介していきたいと思います。旅行に行って新しい事を学ぶ事で、自分の中の価値観は大きく変わり成長をします。

 

今までの自分の中では常識だと思っていた事が、旅行先では通用しなかったり、日本に出たことない人であれば世界の広さに驚くでしょう。まさに世界と新しい価値観がどんどん自分の中に流れてくる感覚は、成長志向の強い人には堪りません。

1.知らないものと出会える

国内旅行や海外旅行に限らず、旅行に行けば自分の知らないものと出会えます。それは街であったり食事であったり、文化や風習など全てに言えるものです。

 

人は自分が知らないものに対し恐れる習性があります。
しかしそんな環境に自分をおくと、たくさんの刺激からインプットの連鎖にあいます。

 

新たなインプットは新しい発見に繋がり、新しい発見は自分の成長に繋がります。
旅行先で自分から積極的に動けば動くほど、自分を成長させてくれる新しいものとの出会いが広がります。

2.予想外のトラブルに襲われる

旅行はトラブルがつきものです。
空港のエントリーゲートが分からずに迷子になる、預け荷物がいつまで経っても届かない、地下鉄の乗り方が分からない、食事を頼むときにウェイターさんに何て言えばいいのか分からない。

 

旅行先は「まさに分からないの連続」が待っています。しかしその苦境こそが自分の行動力や決断力、諦めない力を育ててくれるもの。

 

日本に住んでいれば他人に頼る機会など特にありませんよね。
自分1人でも生きていける環境から離れてこそ、その大切さ・ありがたみを知ります。

3.行動力が身につく

「旅行なんて自分に試練を与えるばかりでデメリットしかないじゃん!」ここまで読んでもらうと、そう感じる人もいるかもしれません。

 

正直に言うと、それは半分当たっていて半分間違っていると思います。
確かに旅行に行かないなら、自分が苦しむような体験をせずに済みます。

 

苦しみを不幸と考える人は、きっと旅行に行きません。
逆に苦しみを財産と考える人なら、旅行先のトラブルや壁にも挑戦していき、その結果行動力という対価を得て成長ができるでしょう。

4.計画性を覚える

個人的にオススメしたい旅行は「個人手配の海外1人旅行」です。
旅行は計画第一、航空券を買うにも貯金計画を練り、空港内のターミナルの中や行き先の下調べ、旅行先で訪れたい場所のピックアップ。

 

どれをとっても自分で計画を立てないと、時間とお金を無駄にしてしまいます。
旅行会社が手配するパック旅行やツアー旅行であれば、どれも人任せにできて楽でしょう。

 

しかし自力でしてこそ己のためになるもの。
自分1人で計画を立て旅行をしたあとには、きっと過去の自分以上に計画性を持った人間に成長しています。

5.日本の良さを知る

「隣の芝生は青く見える」というコトワザがある様に、ついつい自分とは違ったものに人間は好意を抱きます。
中には「日本のストレス社会から逃れていっとき休憩をしたい」「仕事と家を往復する生活に嫌気がさした」という理由で旅行をしたいと思う人もいるでしょう。

 

海外旅行ともなれば、日本とは全く異なった文化、人々、土地が存在しています。そこで目にする光景や肌で感じた体験は、決して日本と一緒ではありません。そこで改めて日本の良さや「ここは良くて、ここはダメ」といった様に、自分のいた環境を見比べて見つめ直せる様になります。

6.感謝の大切さに気づく

旅行ではどうしても自力で解決できない様なトラブルや問題が立ち塞がることもあります。
自分1人ではどうしようもならないことに直面すると、人はその場から逃げるか、あるいは諦めずに解決の糸を探ります。

 

そして、そこで人に助けてもらうことで改めて感謝の意味を知ります。
英語もわからず道に迷っていた時に助けてくれた人、スリにあってしまい途方に暮れていたらお金をくれた人、急にホームシックになった時に暖かい言葉をくれた人。

 

人への感謝の気持ちが、いかに大切なのかに気づきます。

7.自分と向き合う時間を得れる

旅行先では自分と向き合う時間が増えます。
しがらみから解放され、普段では聞こえなかった自分の心の声に耳を傾ける様になります。

 

仕事に追われストレスで囲まれていた生活から抜け出し、旅行先では新しいものをインプットしつつ、こうした自己との向き合える時間を得ることが出来ます。自分と向き合っていると、次第に物事の好き嫌いもハッキリしてきます。

 

今まで分からなかった自分が興味のあることも、旅行先で発見することができるでしょう。

8.一緒に行った人との絆が深まる

誰かと一緒に行った旅行は、その人との絆をより深めます。
チャレンジと冒険をする最中、お互いを助けあったり一緒の目的に向かっていくうちに、段々とその人をより深く理解することができるでしょう。

 

旅行に行くと貴重な体験がたくさんできるので、その体験を一緒に共有出来る人がいれば間違いなく絆も深まります。
特に、旅行中には人になかなか話せなかった自分の過去や辛かった思い出を喋る様になるので、相手にも自分をより知ってもらえることが多いです。

9.新しい出会いがある

旅行先では沢山の人達と触れ合う機会が多いです。
海外旅行であれば、日本で生まれ育った自分とは全く異なる背景を持つ人達とも、会話をしたりすることがあります。

 

同じ場所で暮らしていると「まるで世界には自分がいる場所しか存在しない」ように思えてなりませんが、その場所でみた景色や、そこに住んでいる人達と出会うことで、新しい自分を発見することができます。

 

「自分てこんなに人と喋ってたっけ?」「あれ、もっとコミュ障だと思ってたんだけどな」など、彼らに感化され自分の成長を客観的に見れる様になります。

10.価値観がグッと広がる

そして旅行の最も大きな醍醐味といえば「価値観」の広がりです。

 

旅行先で体験した色々な文化や常識を経験する事で、自分の中の固定概念はなくなり、より新しい事をスムーズに吸収出来るようになります。これは日本に一生住んでいれば、絶対に味わうことができません。

 

外を知り、体験することによって身の周りの常識だけにとらわれている人も、何か新しいことに遭遇した時、すぐに理解できたり柔軟な対応をとれる様になります。

旅行に出かけよう 

いかがだったでしょうか。

この記事では旅行に行くメリットを具体的にご紹介してみました。改めてその内容をまとめると以下の10つです。

 

  1. 知らないものと出会える
  2. 予想外のトラブルに襲われる
  3. 行動力が身につく
  4. 計画性を覚える
  5. 日本の良さを知る
  6. 感謝の大切さに気づく
  7. 自分と向き合う時間を得れる
  8. 一緒に行った人との絆が深まる
  9. 新しい出会いがある
  10. 価値観がグッと広がる

 

お金の使い道も物を買っていた時代から、体験を買う時代へと切り替わってきました。
仕事に追われ忙しい毎日を送る会社員の人も、自分を知らない大学生の人も、是非一度旅行に行ってみてください。

 

日本は小学生から就職まで、休むことなく一本のレールがひかれています。そんな状況では自分を見つめ直し、成長することも不可能です。