ハロートークで実際に会うのは危険⁉正しい友達の作り方

「ハロートークで実際に会うのは危険⁉正しい友達の作り方」のアイキャッチ画像




言語学習のツールとしてハロートークが気になっている方って結構多いと思います。

 

それもそのはず、ハロートークとは、日本のみならず、韓国やアメリカなど様々な語学学習者同士を繋げるSNSのようなもので有効に使えばとても素晴らしい語学学習ツールとなります。


しかし、ハロートークの実際を見てみると、結構出会い目的で使っている方も中には少なからずいるようです。

そこで本記事ではハロートークを介して人と実際に会う時に持っておく注意点や正しい友達の作り方について解説していきます。

ハロートークで実際に会うのは危険?

上記にもありますが、ハロートークを利用しているユーザーの一定数は出会い目的や勧誘目的の人が少なからず存在します。
ハロートークだけでなく、どのアプリにも言えることですがSNSを通して実際にオフラインで会う際には十分な注意が必要です。

 

ハロートークで仲良くなった人と実際に会うことになった。でも少し不安。
そんな人は多くいると思います。

 

出会い目的で誘ってくる人もいるのは事実ですが、しっかりと注意していればいい出会いが在るのも事実です。いい人悪い人はしっかりと見分けて、ハロートークで友達を作ることは可能です。

 

ただ注意が必要なので、ここではどういったことに注意する必要があるのかを詳しく見ていきましょう!

DMが来たら注意すること

ハロートークを始めると、DM(ダイレクトメッセージ)が来ることがあります。TwitterやinstagramにもDMの機能が備わっていますね。DMは直接気になる人と閉鎖的にコミュニケーションが取れるためとても便利です。

 

しかし、便利な反面、リスクもあります。
それは何かというと、コミュニケーションを送った人と送られた人しか見れないため、出会い目的などの変なDMが時には来ることがあります。

 

なので、まずDMがきたら全て英語学習したいんだな。と鵜呑みにするのはやめて少し客観的にDMを見極められるようした方が良いでしょう。

ラインはすぐには交換しない

まず、自分のLINEをすぐに交換するのはリスクがあるため、ある程度やりとりして
「あ、この人は信頼できる」と見極められてからにしておいたほうが安全です。

 

ハローワークの目的としてはあくまで語学学習をしたい人同士をつなぐものです。そのため、DMのメッセージに「LINE」や「Whatsup」という言葉を入力するとアプリ側が出会い目的の可能性があると認識して注意喚起のメッセージが表示されるようになっています。

 

なので、仮にものすごい仲良くなってLINEを交換するとしても実際にオフラインで会ってからの方が良いと思います。

電話はしばらく立ってから

ハロートークでは、無料通話をすることもできます。
しかし、五回以上継続的なチャットが続いた人のみしか通話することができません。

 

継続的なチャットによって本当に信頼した人のみで通話をするようにしましょう。
中には電話で嫌な思いになる言葉を言ってくる場合があるのでチャットである程度関係に信頼がある人の方が絶対に安心です。

実際に会う場合の注意点

ハロートークを利用していくうちに実際にオフラインで顔を合わせて語学学習をする人も出てくると思います。

 

確かに、オンラインよりも実際に会って生の声の言葉を聞き取った方が確実にリスニングの勉強になりますし、何より、外国語でコミュニケーションをとる機会ってなかなかないのでとても貴重です。

 

なので、ぜひオフラインでコミュニケーションをとる経験はどんどんしていった方が良いのですが、やはりここも注意が必要です。何も考えずに会うのは何よりも危険なので、信頼性、しっかりとしたプランを立てて会うのが良いでしょう。

昼間に会う

まずは、昼間に会うこと。

 

やっぱり、正直頑なに夜に会いたがる人がいたら少しは怪しんだ方が良いかもしれません。
夜しか都合が合わないならしょうがないですが、基本的には昼間にあった方が安全なのは間違い無いでしょう。

 

正直なところ、出会い目的の人は大抵夜に会いたがります。語学の勉強はそっちのけで異性と楽しく遊ぶことの方が目的です。
仮に自分が本気でオフラインで違う言語を扱う人とコミュニケーションをとりたくて、そのためにハロートークを使って同じ目的の人を探しているのに、全く違う目的だったら会うだけ時間の無駄になってしまうと思います。

待ち合わせは人の多いところで

次に、待ち合わせは、人の多いところでするように計画立てておいた方が良いでしょう。
何かあった時にすぐ逃げられるように、タクシーがすぐ乗れる場所、駅の近くだとより安心だと思います。

 

特に、夜に会う際はなおさら注意が必要ですね。

 

ハロートークで実際に会った人たちの体験談

ここからは、ハロートークを実際に使ってみた人たちの体験談を紹介していきます。
ポジティブな体験とネガティブな体験を二つずつ紹介してリアルなレビューはどうなのかみていきましょう。

”Hello talkを使い始めて一カ月程が経ちます。自分のアカウントに対してフォローをしてくれている人は10人強で、まだまだ少ない人数ではありますが、外国語を学びたいという共通の気持ちを持っている人と繋がっていることがうれしく感じます。

肝心な英語力に関しては、英語を使うことに抵抗が少なくなったということが挙げられます。というのも初めのころは、投稿しようとする文章が間違っていたらどうしようとか考えていましたが、感覚的にこの文章は伝わるだろう、という判断がぱっとできるようになった感じがします。

もし他人に修正を受けても、「こんな言い方があるんだ!ありがとう!」みたいな受け止め方をできるようになってきました。

文法的なことを言うと、「時制」の考え方がしっかりできるようになってきた気がします。現在の話か過去の話か、はたまた完了形なのか進行形なのか、とても注意深く英文を考えられるようになってきたと思います。”

引用元:https://app.intern-college.com/no0198-9/#Hello_talk-3

 

 

ハロートークを使ってみた結果ですが、英語学習のハードルが下がったということが結論です。

日本にいたらなかなか英語を使う機会がないので、せっかく英語を勉強しても実践の機会がないですよね。

しかし、ハロートークを使うと、日常的に英語を使うようになり、英語が身近に感じられるようになりました。

英語勉強するということから英語を使うという方向にシフトしていけたかなと思います。

そして、英語が上達したかと言われば、ハロートークを使う前よりは上達したと感じています。

ネイティブから生の英語表現を学べたり、吸収できることがたくさんあったからです。

また、上達するかしないかは、使い方によるかなと思います。”

引用元:https://fumika-official.com/review-hello-talk#i-6

 

 

”HelloTalkは語学学習を主体とするアプリです。

ですが、どこにでも出会いだけを求めてやってくる人はいます。

男性は基本だいじょぶだと思いますが、ここは女性ですね。

日本人の女性は特に人気だと思うので、投稿内容やプロフィール写真にもよりますが、男性からの反応がすごいことになるケースがあるかもしれません。

それでもHelloTalkは管理している側が、使用する人を厳しく取り締まっているので、他のアプリに比べて少ない方だと思います。

運営側もあくまで、“語学学習のためのアプリ”、として運用しているからです。

個人的にItalkiとともに、そっち系(出会い・スパム・勧誘等)の人が他と比べて少ないアプリだと感じます。”

引用元:https://outputenglish.com/reputation-of-hellotalk

 

 

“私もハロートークを始めたての頃、引っかかりそうになったことありますw

可愛い猫の写真(多分、ネットの拾い物)のモーメント(タイムライン)に「いいね」をしたらすぐさまメッセージが来ました。

その人は50歳のアメリカの軍人で、「マリオ」と名乗っていました。妻に先立たれ、子供もいなく寂しいと。

「結婚している?」、「子供はいる?」、「年はいくつ?」などを聞かれ、最終的に「LINEは使ってる?交換しよう」と言われ、怖くなって一回アプリを削除しました。

後から知りましたが、軍人や医者を名乗る国際ロマンス詐欺があるそうです。

もしそのままLINEを教えてしまうろ、おそらくお金を振り込むように要求されていたでしょう。

そういう詐欺師は通報されてアカウントを凍結されても、新しいアカウントを作って復活します。

そして、モーメントに可愛い動物の写真やきれいな花の写真を投稿し、いいねを付けた人にすかさずメッセージを送ります。

ハロートークで軍人や医者を名乗る外国人には注意しましょう。”

引用元:https://chocolat8.xsrv.jp/hellotalk-hennnayatsu/

 

出会い目的ならハロートーク以外のアプリを 

いかがでしたでしょうか?
ハロートークは健全に使えればとても素晴らしい語学学習のアプリですが目的が違う人とあってしまう可能性も少なからずあります。

 

本記事では主に出会い系に気をつけてという記事でしたが、投資勧誘や国際ロマンス詐欺などもあるそうです。仮に、海外の人と出会い目的でやろうとしてももしかしたら相手は詐欺師かもしれません。

 

語学学習が目的じゃないのに使うのはもちろん良くないですが、詐欺に引っかかったりするのは避けたいですね。
なので、出会い目的ならハロートーク以外のアプリを使いましょう。